イアコフの書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書<我主イイススハリストスの新約

聖使徒イアコフの公書

第一章[編集]

 イアコフ、かみおよしゅイイススハリストスのぼくは、さんじふにしはあんふ。

 けいていよ、なんぢしゅじゅいざなひときは、これおほいなるよろこびせ、

 なんぢしんこゝろみにんたいしやうずるをればなり。

 たゞにんたいくわんぜんなるかうゐあらはすべし、なんぢくわんびじゅんぜんにして、いつくることなからんためなり。

 なんぢうちちゑらざるものあらば、とがむるなくして、たゞちしゅうあたふるかみもとむべし、しからばかれあたへられん。

 たゞしんもつて、すこしうたがはずしてもとむべし、けだしうたがものかぜげられてくだかるゝうみなみたり。

 かくごとひとなにをかしゅよりけんとおもなかれ。

 ふたごゝろひとそのおよそみちおいかたからず。

 ひくけいていそのたかきをもつほこりし、

一〇 めるものそのひくきをもつほこりせ、けだしかれくさはなごとぎん。

一一 でゝ、ねつしてくさらせば、そのはなち、そのかたちうるはしきはほろぶ、めるものくのごとそのみちる。

一二 にんたいしていざなひくるひとさいはひなり、けだしそのこゝろみられてのちしゅかれあいするものやくせしせいめいかんむりけん、

一三 いざなはるゝときなんぴとわれかみいざなはるとなかれ、けだしかみあくいざなはれず、みづからまたひといざなはず。

一四 すなはちひとおのおのおのれよくかれ、ゑばせられて、いざなはるゝなり。

一五 よくすではらみて、つみしやうじ、つみりて、しやうず。

一六 しあいけいていよ、みづかあざむなかれ。

一七 およそぜんなるほどこしおよそぜんびなるたまものは、うへより、くわうめいちゝよりくだるなり、かれにはかはりなく、うつりかげもなし。

一八 かれおのれむねしたがひて、しんじつことばもつて、われらめり、われらそのつくりしものしょじつくわらんためなり。

一九 ゆゑしあいけいていよ、およそひとくにすみやかに、ふにおそく、いかるにおそかるべし。

二〇 けだしひといかりかみおこなはず。

二一 こゝもつなんぢおよそけがれあまれるあくとをりて、をんじうにして、うるところことばなんぢたましひすくものけよ。

二二 かつことばおこなものれ、たゞくのみにして、おのれあざむものなかれ。

二三 けだしことばきておこなはざるものは、そのうまれつきおもてかゞみひとたり。

二四 かれおのれり、たゞちそのいかなるかをわすれたり。

二五 しかれどもじいうぜんびなるりつぱふかんがみて、これものは、かれきてわするゝものあらず、すなはちわざおこなものりて、そのおこなところさいはひならん。

二六 なんぢうちたれみづかけいけんなりとおもひて、おのれしたくつわけず、すなはちおのれこゝろあざむかば、そのけいけんとぜんなり。

二七 かみおよちゝまへじゅんけつにしてむてんなるけいけんは、すなはちみなしごやもめとをそのくわんなんあひだかへりみ、かつみづかまもりて、けがされざるにり。

第二章[編集]

 けいていよ、なんぢくわうえいしゅイイススハリストスをしんじて、かたちもつひとなかれ。

 けだしひときんゆびわめ、うるはしきころもて、なんぢくわいだうり、またまづしきひとしきころもらんに、

 なんぢうるはしきころもたるものかへりみて、これなんぢこゝところすわれとひ、まづしきものなんぢかしこて、あるひこゝあしもとすわれとはゞ、

 すなはちなんぢおのれうちはんだんして、しきおもひあるさいばんしゃるにあらずや。

 しあいけいていよ、これけ、かみあにまづしきものえらびてしんませ、かれあいするものやくせしくにがしむるにあらずや。

 しかるになんぢまづしきものいやしめたり。めるものなんぢしへたげ、なんぢさいばんしょくにあらずや。

 かれらなんぢとなへらるゝよきなけがすにあらずや。

 なんぢしょするところわうはふとなりあいすることおのれごとくせよとふをおこなはゞ、すなはちおこなふなり。

 しかれどもかたちもつひとらば、すなはちつみおこなひ、りつぱふたいしてはんざいしゃるなり。

一〇 ぜんりつぱふまもりて、そのいつおかものは、ぜんりつぱふおかすなり。

一一 けだしいんするなかれとひしものは、またころなかれとへり、しからばなんぢいんせずといへどもころすことらば、またりつぱふおかものるなり。

一二 なんぢところおこなところじいうりつぱふりてしんぱんけんとするものごとくすべし。

一三 けだしあはれみほどこさゞりしものしんぱんせらるゝときあはれみざらん、あはれみしんぱんつなり。

一四 けいていよ、ひとみづかしんありとひて、おこなひなくば、なんえきかあらん、しんかれすくふか。

一五 けいていあるひしまいはだかにして、にちようかてとぼしからんに、

一六 なんぢうちあるひとこれあんぜんとしてけ、あたゝかにしてくをよとひて、そのみもとむるものこれあたへずば、なにえきかあらん。

一七 くのごとしんまたおこなひなければ、みづかせるものなり。

一八 ひとあるひはん、なんぢしんあり、われおこなひありと、ふ、なんぢおこなひねざるしんわれしめせ、われおこなひりて、しんなんぢしめさん。

一九 なんぢかみいつなりとしんず、すはし、まきまたしんじ、しかうしてをのゝく。

二〇 きょたんひとよ、なんぢおこなひねざるしんせるものなるをらんとほつするか。

二一 われらせんぞアウラアムが、そのこイサアクをさいだんうへさゝげて、とせられしは、おこなひるにあらずや。

二二 なんぢるか、しんかれおこなひたすけ、またおこなひりて、しんまつたきをたり。

二三 せいしょところかなへり、アウラアムはかみしんぜり、かれしてれり、かつかれかみともとなへられたり。

二四 しからばなんぢこれる、ひととせらるゝはおこなひりてなり、たゞしんるにはあらず。

二五 おなじくぎふラアフも、ていしれて、これみちよりかへらしめて、とせられしは、おこなひるにあらずや。

二六 けだしたましひなきからだせるものなるがごとく、おこなひなきしんまたせるものなり。


第三章 - 第五章