保管金規則

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


朕󠄁保管金規則ヲ裁可シ玆ニ之ヲ公󠄃布セシム

   

明治二十三年一月四日

內閣總理大臣 伯爵󠄄山縣有朋󠄃

大藏大臣 伯爵󠄄松󠄃方正義

法律第一號

保管金規則

第一條 法律勅令又󠄂ハ從來ノ規則ニ依リ政󠄂府ニ於テ保管スル公󠄃有金私有金ハ左ノ計算法ニ從ヒ滿五年ヲ過󠄃キテ拂戾ノ請󠄃求ナキトキハ政󠄂府ノ所󠄃得トス但別ニ法律ヲ以テ失權ノ期限ヲ定メタルモノハ各其定ムル所󠄃ニ依ル

第一 保管義務解除ノ期アルモノハ其義務ヲ解除シタル翌󠄃日ヨリ起󠄃算ス

第二 保管義務解除ノ期ナキモノハ保管ノ翌󠄃日ヨリ起󠄃算ス

第三 訴訟󠄃事件ノ爲ニ拂戾ヲ請󠄃求スル能ハサル場合ニ於テハ裁判󠄄確定ノ翌󠄃日ヨリ起󠄃算ス

第二條 保管金ハ法律勅令又󠄂ハ從來ノ規則若クハ契󠄅約ニ依ルノ外利子ヲ付セス

第三條 保管金ノ證書ハ賣買讓與又󠄂ハ書入質入スルコトヲ得ス

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。