作者:龍樹

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: り 龍樹
龍樹(りゅうじゅ、サンスクリット語: नागार्जुनNāgārjuna、ナーガールジュナ)は、2世紀に生まれたインド仏教の僧。中観派の祖であり、日本では、八宗の祖師と称されることがある。— ウィキペディア日本語版龍樹」より。
龍樹

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。