作者:西郷隆盛

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
作者索引: さ 西郷 隆盛
(文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)
西郷 隆盛(さいごう たかもり)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。薩摩藩の下級武士であったが、藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢され、当代一の開明派大名であった斉彬の身近にあって、強い影響を受けた。元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止した。明治10年(1877年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるが、敗れて城山で自刃した。— ウィキペディア日本語版西郷隆盛」より。
西郷 隆盛

著作一覧[編集]

関連作品[編集]

その他西郷隆盛について言及のある作品・法令等についてはCategory:西郷隆盛をご覧ください。

外部リンク[編集]

この著作者の著作物は1923年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没年より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。