作者:藤原道綱母

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ふ 藤原道綱母
(承平6年(936年)? - 長徳元年5月2日(995年6月2日))
藤原道綱母(ふじわら の みちつな の はは)は、平安時代中期の歌人。藤原倫寧の娘。藤原兼家の妻の一人となり一子道綱を儲けた。また、兼家の旧妻である源兼忠女の娘を引き取り養女にしている。兼家との結婚生活の様子などを『蜻蛉日記』につづった。『拾遺和歌集』以下の勅撰集に36首が採られ、弟・藤原長能や道綱の子・道命阿闍梨と共に中古三十六歌仙に、また清少納言らと共に女房三十六歌仙に選ばれている。家集に『傅大納言母上集』がある。『更級日記』の作者・菅原孝標女は姪に当たる。— ウィキペディア日本語版藤原道綱母」より。
藤原道綱母

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。