作者:菅原孝標女

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: す 菅原孝標女
(寛弘5(1008) - 康平2(1059)以降?)
菅原孝標女(すがわら の たかすえ の むすめ)は、平安時代の貴族の女性。菅原道真の5世孫にあたる菅原孝標の次女。本名は伝わっていない。10歳頃から50歳頃までの人生を回想した『更級日記』の作者。更級日記御物本奥書から、『浜松中納言物語』『夜半の寝覚』の作者ではないかとも言われる。— ウィキペディア日本語版菅原孝標女」より。

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。