作者:ジュール・ヴェルヌ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: う ジュール・ヴェルヌ
(1828年2月8日 - 1905年3月24日)
フランスの小説家。SFの父とも呼ばれる。— ウィキペディア日本語版ジュール・ヴェルヌ」より。
ジュール・ヴェルヌ
  • Voyage à reculons en Angleterre et en Écosse 『イングランド・スコットランド後ずさり旅行』(1989年)
  • Paris au XXe siècle (1861) 『二十世紀のパリ』
  • Joyeuses misères de trois voyageurs en Scandinavie (1861) 『スカンディナヴィアにおける3人の旅行者の陽気な不幸』
  • Cinq semaines en ballon (1863) 『気球に乗って五週間』
  • Voyage au centre de la Terre (1864) 『地底旅行』
  • Le Comte de Chanteleine (1864) 『ド・シャントレーヌ伯爵』
  • De la Terre à la Lune (1865) 『月世界旅行』(『地球から月へ』 )
  • L'Épave du Cynthia (1886) 『難破船シンシア号の遺留物』
  • Les Aventures du capitaine Hatteras (1867) 『ハテラス船長の冒険』
  • Les Anglais au Pôle Nord (1866) と Le désert de glace (1866) の二分冊で刊行された。
  • Les Enfants du capitaine Grant (1868) 『グラント船長の子供たち』
  • L’Amérique du Sud (1866) および L’Australie (1866) と L’Océan Pacifique (1867) の三分冊で刊行された。
  • Vingt mille lieues sous les mers (1870) 『海底二万里』
  • Autour de la Lune (1870) 『月世界へ行く』
  • Une ville flottante (1871) 『洋上都市』
  • Les Forceurs de blocus (1871) 『封鎖破り』
  • Aventures de trois Russes et de trois Anglais dans l'Afrique australe (1872) 『三人のロシア人と三人のイギリス人のアフリカ旅行』
  • Le Tour du monde en quatre-vingts jours (1873) 『八十日間世界一周』
  • Le Pays des fourrures (1873) 『毛皮の国』
  • L'Île mystérieuse (1875) 『神秘の島』
    • Les naufragés de l’air (1874), L’Abandonné (1875) et Le secret de l’île (1875)
  • Le Chancellor (1875) 『チャンセラー号の筏』
  • Martin Paz (1852) 『マルティン・パス』
  • Une ville idéale (1875) 『理想都市』
  • Michel Strogoff (1876) 『皇帝の密使ミハイル・ストロゴフ』
  • Hector Servadac (1877) 『彗星飛行』
  • Les Indes noires (1877) 『黒いダイヤモンド』(『黒いインド』 )
  • Un capitaine de quinze ans (1878) 『十五才の冒険船長』
  • Les Cinq Cents Millions de la Bégum (1879) 『インド王妃の遺産』
  • Les Révoltés de la Bounty (1879) 『バウンティ号の叛徒たち』
  • Les Tribulations d'un Chinois en Chine (1879) 『必死の逃亡者』(『シナ人の苦悶』)
  • La Maison à vapeur (1880) 『蒸気の家』
  • La Jangada (1881) 『ジャンガダ』(『大筏』 )
  • L'École des Robinsons (1882) 『ロビンソンの学校』
  • Le Rayon vert (1882) 『緑の光線』
  • Dix heures en chasse (1881) 『狩猟の十時間』 を併録。
  • Kéraban-le-Têtu (1883) 『頑固者ケラバン』
  • L'Étoile du sud (1884) 『南十字星』
  • Archipel en feu (1884) 『エーゲ海燃ゆ』
  • Mathias Sandorf (1885) 『アドリア海の復讐』(『マーチャーシュ・サンドルフ』 )
  • Robur le conquérant (1886) 『征服者ロビュール』(『空飛ぶ戦艦』)
  • Un billet de loterie (1886) 『一枚の宝くじ』
  • Frritt-Flacc (1884) 『フリット=フラック』
  • Nord contre Sud (1887) 『北部対南部』
  • Le Chemin de France (1887) 『フランスへの道』
  • Gil Braltar (1887) 『ジル・ブラルタール』
  • Deux ans de vacances (1888) 『十五少年漂流記』(『二年間の休暇』)
  • Famille-sans-nom (1889) 『名前の無い家族』
  • Sans dessus dessous (1889) 『地軸変更計画』(『上も下もなく』 )
  • César Cascabel (1890) 『セザール・カスカベル』
  • Mistress Branican (1891) 『ブラニカン夫人』
  • Le Château des Carpathes (1892) 『カルパチアの城』
  • Claudius Bombarnac (1892) 『クロディウス・ボンバルナック』
  • P'tit-Bonhomme (1893) 『坊や』Fils d’Irlande 『アイルランドの息子』 の題で再刊
  • Mirifiques aventures de maître Antifer (1894) 『アンティフェール親方の驚くべき冒険』
  • L'Île à hélice (1895) 『動く人工島』
  • Face au drapeau (1896) 『悪魔の発明』(『国旗に向かって』 )
  • Clovis Dardentor (1896) 『クローヴィス・ダルデントル』
  • Le Beau Danube jaune (1896) 『美しき黄なるドナウ』1908年に Le pilote du Danube 『ドナウ川の水先案内人』 として刊行。1988年に元の題で刊行。
  • Le Sphinx des glaces (1897) 『氷のスフィンクス』
  • En Magellanie (1897) 『マゼラン地方にて』1909年に Les Naufragés du « Jonathan » 『ジョナサン号の難破者たち』 の題で、1987年に元の題で刊行。
  • Le Superbe Orénoque (1898) 『素晴らしきオリノコ河』
  • Le Testament d'un excentrique (1899) 『ある変人の遺言』
  • Seconde patrie (1900) 『第二の祖国』
  • Le Volcan d'or (1900) 『黄金火山』
  • Le Village aérien (1901) 『空中の村』当初は La Grande Forêt 『大森林』 の題の下に刊行。
  • Les Histoires de Jean-Marie Cabidoulin (1901) 『ジャン=マリ・カビドゥランの物語』後に Le serpent de mer 『海の大蛇』 の題で再発行。
  • Le Secret de Wilhelm Storitz (1901) 『ヴィルヘルム・シュトリッツの秘密』
  • La Chasse au météore (1901) 『黄金の流星』(『流星の追跡』 )
  • Les Frères Kip (1902) 『キップ兄弟』
  • Bourses de voyage (1903) 『探検奨学金』
  • Le Phare du bout du monde (1903) 『地の果ての燈台』
  • Un drame en Livonie (1904) 『リヴォニアでの惨劇』
  • Maître du Monde (1904) 『世界の支配者』
  • L'Invasion de la mer (1905) 『海の侵入』
  • L'Agence Thompson and Co. (1907) 『トンプソン旅行代理店』
  • L'Étonnante Aventure de la mission Barsac (1919) 『サハラ砂漠の秘密』(『砂漠の秘密都市』)
  • Voyage d’études (1904) 『調査旅行』 と Une ville saharienne (1905) 『サハラ砂漠の都市』 を、息子のミシェル・ヴェルヌが合わせて完結させ、ジュール・ヴェルヌ名義で刊行。

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。