二九世紀

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


19世紀の人間たちは、連続するおとぎ話の中で、それを疑う様子もなく生きている。不思議なことには無頓着で、日々進歩していくものには冷淡である。彼らにとってはすべてが自然なことなのである。もし彼らが過去と比較するならば、私たちの文明をよりよく評価し、私たちがどれほど遠くに来ているかを実感するだろう。幅100メートルの道路、300メートルの高さの家、常に均一な温度、何千ものエアロバスやエアロオムニバスが交差する空を持つ現代の都市は、彼らにとってどれほど魅力的に映るだろうか。千年前の村や集落はどうだったのか、パリ、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、風通しの悪い泥だらけの町で、馬が引く崩れた箱が流通していたのか、そう、馬だ、信じられない。定期船や鉄道の機能不全、頻繁な衝突、その遅さを想像するならば、旅行者は飛行機、特に海を越えて投げ出され、時速1500キロの速さで輸送される空気チューブに何の価値を見出すだろうか。最後に、もし私たちの祖先が「電信」と呼ばれる前時代的な装置に頼っていたと自分に言い聞かせるならば、私たちは電話や写真をより楽しむことができるのではないだろうか。

不思議なものである。これらの驚くべき変化は、私たちの祖先が完全に知っていた原理に基づいているものの、いわば彼らはそれを利用していなかった。熱、蒸気、電気は人類の歴史の中で最も古いものである。19世紀末、科学者たちは、物理的な力と化学的な力の違いは、それぞれに固有のエーテル粒子の振動様式にあると断言していたではないか。

これらの力の親族関係を認識するという大きな一歩を踏み出してから、それらを区別する各振動モードを決定するのにこれほど長い時間がかかったことは、本当に考えられないことである。何よりも、一方から他方へ直接移行し、他方なしに一方を生成する方法が最近になって発見されたことは、驚くべきことである。

しかし、このようにして、有名なオズワルド・ナイアーが成功したのは、今から100年前の2790年のことであった。

人類の真の恩人であるこの偉大な人物を 彼の天才的な発見は、他のすべての発見の母であった。ここから多くの発明家が生まれ、その頂点に立ったのが、我らがジェームズ・ジャクソンだった。太陽の光に含まれる力を凝縮する新しいアキュムレータや、地球の中心部に蓄えられた電気、滝や風、川などあらゆるものから得られるエネルギーは、この人のおかげである。また、単純なレバーの命令に従って、蓄電器から生命力を引き出し、目的の仕事を得た後に、熱、光、電気、機械的な力の形で空間に戻すトランスフォーマーも彼から得たものである。

そう、この2つの装置を想像した日から、本当の意味での進歩が始まるのだ。人間にほとんど無限の力を与えたのだ。彼らの応募はもはやカウントされない。冬の厳しさを和らげ、夏の暑さを回復させることで、農業に革命をもたらした。空中航法装置の動力源となることで、商業は見事に飛躍した。電池や機械を使わない電気、燃焼や白熱を伴わない光、そして工業生産を100倍にした無尽蔵のエネルギー源は、彼らのおかげである。

これらの驚異は、16823番通りに最近開業したばかりのアース・ヘラルドホテルで実感できる。

もし、ニューヨーク・ヘラルドの創始者であるゴードン・ベネットが現代に生まれ変わったとしたら、彼の輝かしい孫であるフランシス・ベネットが所有するこの大理石と金の宮殿を見て、彼は何と言うだろうか?30世代を経ても、ニューヨーク・ヘラルドはベネット家に受け継がれている。200年前、連邦政府がワシントンからセントロポリスに移ったとき、新聞は政府に追随して、いや、政府が新聞に追随して、そのタイトルを「アース・ヘラルド」とした。

また、フランシス・ベネット政権下で下降線を辿ったと想像する人はいないだろう。それどころか、新編集長は電話ジャーナリズムを創始することで、他に類を見ないほどのパワーと活力を与えてくれた。

このシステムは、電話の驚異的な普及によって実用化されたもので、私たちは知っている。アース・ヘラルドは毎朝、昔のように印刷されるのではなく、「語られる」のである。購読者は、レポーター、政治家、科学者とのちょっとした会話の中で、自分が興味を持ちそうなことを知る。単発の購入者については、数セントで、その日のコピーを無数の蓄音機のキャビネットに入れることができる。

フランシス・ベネットの革新性は、旧来の新聞社を活気づけた。数ヶ月のうちに、顧客は8500万人にまで増え、監督の財産は徐々に300億円にまで膨れ上がり、今ではその額をはるかに超えている。フランシス・ベネットは、この財産を元手に新しいホテルを建設することができた。このホテルは、4つのフロントを持つ巨大な建物で、それぞれのフロントの長さは3キロに及び、その屋根はコンフェデレーションの輝かしい75星のパビリオンに守られている。

この時間、ジャーナリストの王であるフランシス・ベネットは、アメリカ人が主権者を受け入れることができるならば、2つのアメリカ大陸の王になるだろう。疑っている?しかし、各国の全権大使やわが国の大臣たちは、彼の門前に押し寄せ、彼の助言を求め、彼の承認を求め、彼の全能の機関の支持を求めている。奨励している学者、支援している芸術家、補助している発明家を数えてみて欲しい。彼の仕事は疲れる王道であり、休みのない仕事であり、昔の人はこのような毎日の仕事に抵抗することはできなかったであろう。幸いなことに、現代の男性はより頑丈な体質をしている。これは、衛生学と体操の進歩により、人間の平均寿命が37歳から68歳に延びたおかげである。また、無菌食品の準備のおかげでもある。

アース・ヘラルドのディレクターの一日を知りたければ、2889年7月25日のこの日に、彼の様々な仕事を追いかけてみるといいだろう。

フランシス・ベネットは、その日の朝、なんとも冴えない気分で目覚めた。妻が8日間フランスに行っていたので、少し寂しかったようだ。信じられるだろうか?結婚して10年になるが、プロの美女であるエディス・ベネット夫人がこれほど長く留守にするのは初めてのことだった。普段は2〜3日あれば十分なので、頻繁にヨーロッパに出かけ、特にパリには帽子を買いに行く。

目覚めてすぐに、フランシス・ベネットは電話をかけた。その電話線は、シャンゼリゼ通りにある彼の所有するホテルにつながっている。

電話は、テレホートによって補完され、私たちの時代のもう一つの成果である。電流による音声の伝達はすでに古くからあるが、画像を伝達することができるようになったのは昨日のことであった。この貴重な発見は、発明者であるフランシス・ベネットが、離れた場所にいるにもかかわらず、テレフォティック・ミラーで再現された自分の妻を見て、最後に祝福したものだった。

甘い光景が広がっている! 前日の舞踏会や演劇で少し疲れているのか、ベネット夫人はまだ寝ている。正午近くにもかかわらず、彼女はその愛らしい頭を枕のレースに埋めて眠っている。

しかし、彼女は蠢いていて、唇が震えていて、夢を見ていて、彼女の口から名前が出てきて、「フランシス、私の愛するフランシス!」と呟く。

その甘い声で語られた彼女の名前は、フランシス・ベネットの気分をより幸せなものにした。可愛い寝顔を起こしたくないので、すぐにベッドから飛び出して、機械式のドレッサーに入った。

その2分後には、付き人の助けも借りずに、洗濯し、身だしなみを整え、靴を履き、服を着てボタンを留めた彼が、オフィスの入り口にいた。日々の業務が始まろうとしていた。

フランシスが初めて入ったのは、小説家の部屋だった。

それはとても大きな部屋で、上には大きな半透明のドームがあった。その一角には様々な電話機が置かれ、100人のアース・ヘラルドの作家たちが100の小説の100の章を熱狂的な聴衆に語りかけていた。

執筆者の一人が5分間の休憩をとっていた。

「非常に良い、私の愛する人よ。村の若い娘が、超越的な哲学の問題をボーイと話し合うシーンは、非常に優れた観察力を持っている。田舎のマナーをこれほどまでに描いたことはありません。引き続き、親愛なるアーチボルド、幸運を祈る。昨日から1万人の新規登録者が増えました。」とフランシス・ベネットは言った。

- もう一人の執筆者であるジョン・ラスト氏に向かって、「私は君の仕事にあまり満足していない!君の小説は住んでいない!?ゴールに向かって走るのが早すぎる!?では、ドキュメンタリーのプロセスはどうであろうか?ジョン・ラスト君、君は解剖しなければならない!今の時代、ペンで書くのではなく、メスで書くんだ!」と。「現実の行動はすべて、一瞬の連続した思考の結果であり、それを注意深く数えなければ、生き物は生まれない。そして、人間を分裂させ、2つの人格を分離させる電気催眠を使えば、これほど簡単なことはないであろう。生きている自分を見てみよう、親愛なるジョン・ラストよ。先ほど褒めた同僚の真似をしてみて欲しい。自分に催眠術をかけてもらう・・・はぁ・・・やるのか、言うのか・・・じゃあ、足りない、足りない!」と言った。

フランシス・ベネットは、このようなちょっとした教示をして、視察を続け、記者室に入った。1500人の記者が、同じ数の電話機の前に陣取り、夜な夜な世界の四隅から届いたニュースを購読者に伝えた。この比類のないサービスの組織については、よく説明されている。記者は電話機のほかにスイッチを持っていて、この電話線とこの電話線との通信ができるようになっている。このように、購読者はストーリーだけでなく、イベントの見方も手に入れることができるのだ。報道される時点だでに起こっている「ニュースアイテム」の場合は、集中的な写真撮影によって得られた主要な局面が伝達される。

フランシス・ベネットは、10人の天文学記者のうちの1人に声をかけた。

「Well, Cash, 君は何を受け取ったのかな?」

- 「水星、金星、火星からの光電図です。」

- 「おもしろそうだね、最後の1つは?」

- 「そうだ!火星の革命は、保守的な共和党に対するリベラルな反体制派の利益のために行われる。」

- 「ここにいるときと同じようにね。- そして、木星は?」

- 「まだ何もありません。木星人の信号を理解することはできません。もしかしたら、私たちのものが届いていないのかもしれません。」

- フランシス・ベネットは、非常に不機嫌そうに理科室に入っていった。

30人の科学者がカウンターに向かって、95度の方程式に夢中になっていた。中には、小学生が四則演算で遊ぶように、代数的な無限大や24次元空間の数式で遊んでいる人もいた。

その中にフランシス・ベネットが爆弾のように落ちてきた。

「さて、皆さん、何が聞こえますか?木星からの返事はないの?いつまでたっても変わらない。コーリー、20年間、君はこの惑星を研究してきた。」と言うと、

- 「私たちの光学系にはまだ多くの課題があり、3キロメートルの望遠鏡をもってしても...」と。

-「 聞こえるか、ピア!それは、あなたの得意分野だね。眼鏡をかけて、お願いだから眼鏡をかけて!」と、フランシス・ベネットがコーリーの隣人に向かって言った。

そして、コーリーに戻る。

「しかし、木星がダメなら、せめて月からの結果が欲しいところだ。」

- 「もういいですよ、ベネットさん!」。

- 「あ、今度は光学系のせいにしないでくださいね。月は火星の600倍の距離にあるが、火星とは定期的に文通をしている。望遠鏡がないわけではないのだが...。」

- 「いいえ!でも、それは住人です。」と、コーリーは自身に満ちた立派な学者の笑顔で答えた。

- 「あえて月に人が住んでいないと言いたいのか?」

- 「少なくとも、ベネットさんは、私たちに提示している側です。相手がどうかはわからないが...。」

- 「さて、コーリー君、それを知るにはとても簡単な方法がある。」

- 「そして、それは何ですか?」

- 「月を逆さにする!?」

そしてその日、ベネットの工場の科学者たちは、衛星をひっくり返すための機械的な手段を考え出した。

フランシス・ベネットは満足していた。アース・ヘラルドの天文学者の一人が、ガンディーニの新惑星の元素を決定したところだった。この惑星が太陽の周りの軌道を描くのは、12兆8,401億3,408万2,003メートル7デシメートルで、5,722年1,924日12時間43分9秒と10分の8秒だ。

フランシス・ベネットは、この精度の高さを喜んだ。

「よかった!」と彼は叫び、「急いで報道部に知らせてくれ」と言った。「このような天文学的な問題に、一般の人々がどれほど情熱を持っているかを知っている。このニュースを今日の号に掲載してほしい!」と言われました。

記者室を出る前に、フランシス・ベネットは、特別な取材班を指して、有名人の担当者に声をかけた。

「ウィルコックス社長にインタビューしたか」と聞いてきた。

- 「ベネットさん、彼が苦しんでいるのは明らかに胃拡張であり、彼は最も良心的なチューブ洗浄を行っていることをニュース欄に掲載しています。」

- 「いいじゃない。チャップマンの殺人事件についてはどうであろうか? 陪審員に座ることになる人たちにインタビューしたか?」

- 「そうです。そして、全員が罪を認めているので、この事件は彼らのもとに戻されることもありません。被告人は判決を受ける前に処刑されてしいます...。」

- 「完璧だ!・・・」 隣の部屋は、長さが半キロもある広大なギャラリーで、広告に力を入れていた。「アース・ヘラルド」のような新聞の広告がどのようなものかは、容易に想像がつく。1日平均300万円の収入がある。飢えて死んだ貧しい悪魔から3ドルで買った特許により、巧妙なシステムによって、この広告の一部は全く新しい形で伝播している。雲に反射した巨大なポスターで、国中から見えるほどの大きさだ。このギャラリーでは、1000台の映写機が常に巨大な広告を空に向けて送り出し、カラーで再現していた。

しかし、その日、広告宣伝室に入ったフランシス・ベネットは、メカニックたちが非稼働中のプロジェクターの横で腕を組んでいるのを見てしまった。彼は尋ねた...唯一の答えは、彼に真っ青な空を見せることだった。

そうだ」と彼はつぶやいた。「好天に恵まれ、空中広告は不可能だ。どうすればいいのか?雨さえ降ってくれれば、私たちはそれを作り出すことができるのだ。しかし、私たちに必要なのは雨ではなく、雲なのだ。

- 「はい、きれいな白い雲だ」と主任技師が答えた。

- 「さて、Mr.サミュエル・マーク、あなたは気象庁の科学編集者と話してください。私の代わりに、彼らが人工雲の問題に積極的に取り組んでいることを伝えてください。こんなに天気に翻弄されていてはいけませんね。」

フランシス・ベネットは、新聞社の各部門の視察を終えると、アメリカ政府公認の大使や全権公使が待つレセプション・ルームへと移動した。彼らは、万能のディレクターにアドバイスを求めに来たのだ。フランシス・ベネットがこの部屋に入ると、活発な議論が行われた。

閣下にはお許しいただきたいのだが、フランス大使がロシア大使に言ったのは、「ヨーロッパの地図には何の変更もありません」ということでした。「北からスラブへ、そうしましょう。しかし、南はラテン人に!?ライン川沿いの共通の国境は、私には素晴らしいものに思えます。その上、我が政府は、ローマ、マドリッド、ウィーンの各県に対して行われるいかなる事業にも抵抗することをよく知っている。」

- 「よくぞ言ってくれた!ロシア大使よ、ライン川のほとりから中国の辺境まで広がる広大な帝国、その広大な海岸線に氷のような海、大西洋、黒海、ボスポラス海峡、インド洋が浸食している帝国に、どうして満足しないのだか?それから、脅しの意味は何だですか?現代の発明品で戦争は可能であろうか?100キロの距離に送り込まれる窒息死させる砲弾、20リーグの長さで全軍を一度に消滅させる電気の火花、ペスト、コレラ、黄熱病の微生物を搭載し、数時間で全国民を滅ぼすような発射物。」と、フランシス・ベネットは議論に介入した。

- 「我々はそれを知っている、ベネットさん!」とロシア大使は答えた。「しかし、我々は自分のやりたいことをやっているのだろうか...東の辺境にいる中国に駆り立てられて、何としても西に向かって努力しなければならないのです...。」

- 「さて、中国の拡張は世界にとって危険なので、天子に圧力をかけることにしましょう。彼は被験者に、死を覚悟して超えてはならない最大出生率を課さなければならないだろう。一人の子供が多いのか・・・一人の父親が少ないのか・・・。」と、フランシス・ベネットは保護するように答えた。「それが補ってくれる。- そしてあなたは、」とアース・ヘラルドのディレクターが英国領事に向かって言った。

- 「ベネットさん、ありがとうございました。私たちに代わって、貴紙がキャンペーンを開始してくれれば十分なのですが...。」とその人は答えた。

- 「何のために?」

- 「単にイギリスのアメリカへの併合に抗議するためにです...。」

- フランシス・ベネットは肩をすくめた。「百五十年前の併合!?しかし、イギリス人は、下界での正当な復帰によって、自分たちの国がアメリカの植民地になったという事実を決して受け入れることはないだろう。これはまさに狂気の沙汰だ。あなた方の政府は、私がこのような非愛国的なキャンペーンを始めるとどうして考えたのであろうか...。」

- 「ベネットさん、マンローのドクトリンは、アメリカ人にとってはすべてアメリカなのですよ、あなたも知っていると思いますが、アメリカだけであって、...」

- 「しかし、イギリスは我々の植民地の一つに過ぎません、サー、最も美しい植民地の一つだ。返してくれるとは思っていません。」

- 「断るのですか?」

- 「私は拒否します。あなたがどうしてもと言うのであれば、我々は一人の記者のインタビューだけで詭弁を弄します。」

- 「これで終わりだな。イギリス、カナダ、ニューブリテンはアメリカ、インド諸島はロシア、オーストラリア、ニュージーランドは自国のものだ かつてのイギリスには何が残っているのだろうか。」と圧倒された領事はつぶやいた。

- 「何も残っていませんよ。じゃあ、ジブラルタルは?」とフランシス・ベネットは言った。

その時、正午がやってきた。アース・ヘラルドの編集者は、身振り手振りで聴聞会を終えると、客間を出て車椅子に座り、数分後には1マイル離れたホテルの一番奥にある自分のダイニングルームに向かった。

テーブルがセットされた。フランシス・ベネットが席に着いた。彼の手の届くところには連続したタップ音があり、彼の目の前にはフォノテレフォートのガラスがあり、そこには彼が滞在するパリのホテルのダイニングルームが映し出されていた。時差があるにもかかわらず、ベネット夫妻は同じ時間に昼食をとることに合意した。遠く離れていても、こうして顔を合わせ、音声発声装置を使ってお互いに見たり話したりすることは、これほど魅力的なことはありません。

しかし、今のところパリの部屋には誰もいない。

フランシス・ベネットは、「エディスが遅れるぞ!」と独り言を言った。ああ、女性の正確さ。それ以外はすべて順調に進んでいる。

そして、あまりにも正確な考察をもとに、彼はタップを一つ回した。

現代の快適な人々と同様に、フランシス・ベネットも家庭での料理を放棄して、偉大なホーム・フード・カンパニーの会員になっている。この協会では、空気圧のチューブのネットワークを介して、千種類の食品を配布している。このシステムは確かに高価だが、食べ物はより良いものだし、男女のコルドンブルーという恐ろしい品種をなくすことができるという利点もある。

フランシス・ベネットは一人で昼食をとったが、それは残念なことであった。彼がコーヒーを飲み終えた頃、帰宅したベネット夫人が電話機のガラスに現れた。

フランシス・ベネットは、「どこから来たんだい?」

- 「どこから来たの? 今年は素敵な帽子がたくさんあるのよ。もはや帽子ではなく、ドーム、ドームだ!・・・ちょっと自分を忘れていました!・・・。」

- 「少しだけ、私のランチが終わるように...。」

- さあ、行ってらっしゃい、自分の仕事をしなさい」とベネット夫人が言った。あと1回、ドレスメーカーに行かなければなりません。

そのドレスメーカーとは、「女は形だけだ!」と豪語した、かの有名なワームスパイヤーである。

フランシス・ベネットは、電話機の氷の上でベネット夫人の頬にキスをして、彼のエアロカーが待つ窓に向かった。

その方はどこへ行かれるのだか」とエアコーチに尋ねた。

- そうだね、時間はあるからね」とフランシス・ベネットが答えた。ナイアガラのバッテリー工場に連れて行ってください。

エアロバイクは、空気より重いという原理に基づいた素晴らしい機械で、時速600キロで宇宙を駆け抜けた。眼下には、舗装がずれて通行人を運ぶ都市と、巨大なクモの巣のような電線に覆われた田園風景が広がっていた。

フランシス・ベネットは、30分後にはナイアガラ工場に到着した。ここでは、滝の力を利用してエネルギーを生産した後、それを消費者に販売したり、貸し出したりしている。その後、フィラデルフィア、ボストン、ニューヨークを経由してセントロポリスに戻り、5時頃にエアロカーで帰宅した。

アースヘラルドの待合室は混雑していた。彼らは、フランシス・ベネットが、毎日カンバサダーに謁見するために戻ってくるのを待っていた。彼らは、資本を求めている発明家であり、事業を提案しているビジネスマンであり、話を聞けばどれも素晴らしいものであった。このような様々な提案の中から、悪いものは却下し、疑わしいものは検討し、良いものは歓迎するという選択をしなければなりません。

フランシス・ベネットは、役に立たないアイデアや実用性のないアイデアしか持ってこない人たちをすぐに排除した。彼らの中には、20世紀末に日本のあるじさわ・りおち・にちょめ・さんじゅかんぼーず・きお・ばーすきゅうが発明したカラー写真の進歩によって、ミレーの「アンジェリウス」が15フランで落札されるほど廃れてしまった絵画を復活させようと主張する者がいたのではないか。もう一人の方は、人間の生体に導入されると不死になるという生物原性桿菌を発見したのではなかったか。化学者である彼は、1グラム300万の新物質「ニヒリウム」を発見したばかりではなかったか。この人は大胆な医者で、風邪に効く特効薬を持っていると主張したのではないか?

このような夢想家たちは、すぐに解雇された。

歓迎されたのは他の数人で、まず、額が広くて頭の良さがうかがえる青年がいた。

「過去に75体のシンプルなボディがあったとすれば、現在は3体に減っていることを知っているますか?」

- 「完璧にね」とフランシス・ベネット。

- 「さて、先生、私は3人を1人にしようとしています。お金がなくなってしまわなければ、数週間後には成功しているはずです。」

- 「その後は?」

- 「そうすれば、先生、私は絶対的なものを単純に決定したことになります。」

- そして、この発見の結果は?

- 「石、木、金属、フィブリン...あらゆる物質を簡単に生み出すことができるようになります。」

- 「人間の創造物を作ることができると主張するだろうか?」

- 「欠けているのは魂だけです。」

- とフランシス・ベネットは皮肉ったが、彼はこの若い化学者を新聞社の科学編集部に引き入れた。

もう一人の発明家は、19世紀に行われた古い実験に基づいて、都市全体を1ブロックで移動させることを思いついた。この場合、海から15マイルほど離れたSaafという町が、レールで海岸まで運ばれた後、海辺のリゾート地に生まれ変わることになる。その結果、土地や建築物の価値が大きく上昇することになる。

フランシス・ベネットはこのプロジェクトに魅了され、自分の半分を事業に投入することに同意した。

3人目の応募者は、「ご存じでしょうが、太陽と地上のアキュムレータと変換装置のおかげで、季節を均等にすることができました。私はそれ以上のことを提案します。私たちが持っているエネルギーの一部を熱に変えて、その熱を極地に送り、氷を溶かすのです...。」

- フランシス・ベネットは、「あなたの計画を残して、8日後に戻ってきてください」と言いました。

ついに4人目の科学者が、世界中を魅了してきた疑問の一つが今晩解決されるというニュースを伝えてきた。

1世紀前、ある大胆な実験がナサニエル・フェイスバーン博士に注目されたことは知られている。人間の冬眠、つまり生命機能を停止させて一定期間後に復活させることの可能性を確信していた彼は、その方法の素晴らしさを自分で試してみることにした。ホログラムの遺言により、100年後の自分を生き返らせるための操作を指示した後、マイナス172度の寒さに身をさらし、ミイラの状態になったフェイスバーン博士は、約束の期間、墓に閉じ込められた。

さて、2889年7月25日のこの日、タイムリミットが切れ、フランシス・ベネットはアース・ヘラルドのあるホールで待望の復活劇を行うことを申し出た。このようにして、国民は刻々と情報を得ることができた。

この提案は受け入れられ、手術は夜の10時になってからだったので、フランシス・ベネットはオーディション会場に来て、長椅子に寝転がった。そして、ノブを回して、セントラル・コンサートに接続した。

そんな忙しい一日を終えた彼は、私たちが知っているように、美味しい和声・代数式の連続に基づいた最高のマエストロたちの作品に、どれほどの魅力を感じたことであろう。

暗くなっていたが、半狂乱の眠りについていたフランシス・ベネットはそれに気づかなかった。しかし、突然ドアが開いた。

「誰が行くんだよ」と言いながら、手もとのスイッチを触る。

すぐに、エーテルに生じた電気的な震動によって、空気が光った。

「先生ですか」とフランシス・ベネットが言った。

- 「私だ」と、毎日のように訪問していたサム先生(1年分の購読料)が言った。「先生、お元気ですか?」

- 「元気だ!」と言っていた。

- 「その舌を見せてください。」

そして、それを顕微鏡で見た。

- 「いいですね、脈拍は?」

それを、地面の揺れを記録するパルソグラフのようなもので感じた。

- 「素晴らしい!・・・そして、食欲は・・・。」

- 「Err!」

- 「そう...胃!...もう調子が悪いんだよ、胃が!。古くなったな~。新しいものを手に入れなければならない!」

- フランシス・ベネット氏は、「我々は見ることができる。その間、博士は私と一緒に食事をしてください。」

食事中には、パリとの間で音信不通の状態になっていた。今回はベネット夫人がテーブルについていたので、サム先生の良い言葉を挟みながらのディナーは楽しいものだった。そして、終わってすぐに彼女は言った。

フランシス・ベネットは、「エディスさん、いつセントロポリスに戻りますか?」

- 「私は今から出発します。」

- 「チューブで行くのですか、それともエアロトレインで行くのですか?」

- 「チューブで向かいます。」

- 「それで、あなたはここにいつ到着するのですか?」

- 「夜の11時59分の予定です。」

- 「パリ時間ですか?」

- 「いいえ、セントロポリスの時間です。」

- 「それでは、またお会いしましょう!チューブをお見逃しなく!」

ヨーロッパから299分で来られるこの海底チューブは、1時間に1000キロしか移動できない飛行機よりもはるかに優れている。

医師は、同僚のナサニエル・フェイスバーンの復活を見届けるために戻ってくると約束して引退したが、フランシス・ベネットは、その日の会計を済ませるために事務所に入った。1日の経費が80万円にも上る会社にとって、これは大変な作業だった。幸いなことに、現代の機械の進歩により、このような作業は非常に簡単になった。フランシス・ベネットは、電気式ピアノ計数機の助けを借りて、すぐに作業を終えた。

頃合いを見計らって 彼が計数機の最後のキーを打つやいなや、実験室に彼の存在が求められた。すぐに行ってみると、科学者たちの大行列ができていて、そこにサム博士も加わっていた。

ナサニエル・フェイスバーンの遺体は、部屋の中央に置かれた架台に乗せられたビールの中にあった。

テレホートが起動する。全世界の人々が、手術のさまざまな段階を追うことができる。

棺が開かれ、ナサニエル・フェイスバーンが取り出される...彼はまだミイラのようで、黄色く、硬く、乾いている。彼はミイラのようにじっとしていて、黄色くて、硬くて、乾いていて、木のような音がする...彼は熱や電気にさらされる...結果は出ない...彼は催眠術をかけられる...彼は暗示にかけられる...この超致命的な状態には何も勝てない...。

さて、サム医師はというと、フランシス・ベネットが尋ねる。

医師は体をかがめて、細心の注意を払って調べた。皮下注射によって、今でも流行している有名なブラウン・セカールの霊薬を数滴導入した...。

- 「冬眠が長すぎたのではないかと...。」

- 「あ!あ!あ!・・・。」

- 「そして、ナサニエル・フェイスバーンが死んだ。」

-「死んだ?」

- 「彼らのように死んでいる。」

- 「亡くなってからどのくらい経っているのであろうか?」

- 「亡くなってからどれくらい経っているのか。100年前から、つまり、科学のために冷凍されるという不幸なアイデアを持っていた時からだ。」とサム医師。

- フランシス・ベネットは「さあ、これは完璧にしなければならない方法だ!」と言った。

- 科学的冬眠委員会が葬儀用のパッケージを運び出すと、サム医師は「完璧という言葉がぴったりだ」と答えた。

フランシス・ベネットは、サム医師に連れられて部屋に戻ると、多忙な一日でとても疲れている様子だったので、医師は寝る前に風呂に入るように勧めた。

「先生のおっしゃる通り、これで休めます...。」

- 「そうですね、ベネットさん、もしよろしければ、お帰りの際にご注文を...。」

- 「その必要はありません、先生。ホテルにはいつもお風呂が用意されていて、わざわざ部屋の外に持っていくこともありません。このボタンに触れるだけで、お風呂がスタートし、37度のお湯が勝手に出てくるのを見ることができます。」

フランシス・ベネットがボタンを押したところだ。そして、片方の扉が開くと、バスタブが線路上を滑るようにして現れた...。

「天国だ! サム医師が顔を隠している間に、バスタブからはおびえた謙遜の声が聞こえてくる...。」

30分前に大洋航路でホテルに到着したベネット夫人は、その中にいた。

翌2889年7月26日、『アース・ヘラルド』の編集者は、20マイル(約20km)のオフィス巡りを再開した。夕方、積算計が作動して、その日の利益を25万ドルと算出したが、これは前日より5万ドル多い。

「いい仕事だ、これはまさに29世紀末のジャーナリストの仕事だ!」。

訳注[編集]

  1. このファンタジーは、1889年2月にアメリカの雑誌「The Forum」に英語で掲載され、その後、フランス語でも一部修正して再現されました。現在のバージョンでは、英語の原文を参照することもある。

この作品は1928年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。