ベン・シラの智慧 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 わがよ、まづしきものよりなりはひうばふな。とぼしきものながたしむな。
2 うるたましひかなしますな、またくなんうちものなやますな。
3 いかこころにまたなやみくはふな、とぼしきものあたふるにためらうな。
4 くるしものねがひこばむな、まづしきひとよりなんぢかほそむくな。
5 なんぢとぼしきものよりそむけず、かれなんぢのろをりあたふな。
6 かれもしおのたましひにがきをもてなんぢのろはば、かれつくたまひしものそのひをたまはん。

7 なんぢみづかくわいしゅうあいよ、またなんぢかしらちからあるひとまへげよ。
8 まづしきものなんぢみみかたむけ、へいわなることばをもてにうわこたへよ。
9 ふぎなるものよりふぎくるものはなせ、なんぢさばきおこなときこころよわくすな。
10 ちちなきもののちちとなり、そのははたいしてをっとかはりとなれ。さらばなんぢいとたかきものとなり、しゅなんぢははまさりてなんぢあいたまはん。

11 ちゑはそのこらたかめ、おのれもとむるものとらふ。
12 ちゑあいするものいのちあいし、つときてこれをもとむるひとびとよろこびたさるべし。
13 ちゑにぎものくわうえいがん。そのところにてしゅこれしゅくたまふべし。
14 ちゑつかふるひとびとせいじゃつかふべし。ちゑあいするひとびとしゅあいたまふ。
15 ちゑみみかたむくるものは、くにぐにさばき、ちゑつかふるものやすらかにまん。
16 ひともしおのれちゑゆだねば、ちゑがん。かつそのしそんもこれをたもつべし。
17 ちゑはじめに、かれとともにがれるみちあゆみ、おどろきとおそれとをかれのぞましめ、そのたましひしんるまで、いましめをもてきたへ、さばきによりてこころみん。
18 やがてちゑは、すぐなるみちによりてかれかへり、かれなぐさめ、そのひみつをこれにしめさん。
19 されどもしまよでなばちゑかれみすて、ほろびにこれをゆだねん。

20 をりうかがひ、あくいましめ、なんぢたましひぢしむな。
21 そはつみまねはぢもあり、またくわうえいめぐみとをまねはぢもあればなり。
22 なんぢたましひさからひとくな。またひとうやまひておのれたふれしむな。
23 ぜんをなすをりあらばげんさまたげず、ちゑうつくしさをかくすな。
24 ちゑことばによりてられ、をしへくちいひあらはしりてられん。
25 しんりさからひてかたらず、むちあやまりしりぞくべし。
26 つみこくはくづな、かはながれむな。
27 おろかなるひとふみだいとなるな、つよひとそとかたちをとるな。
28 いたるまでしんりのためにあらそへ。さらばしゅなるかみなんぢのためにたたかたまはん。

29 したにていそぐな、おこなひおそくすな、またおこたるな。
30 いへりてししごとくすな、しもべらあひだあらくるふな。
31 らんがためにひろぐな、かへときづな。