ベン・シラの智慧 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 わがらよ、なんぢらのちちなるわれき、すくはれんためにこれおこなへ。
2 しゅをさなごらのためにちちくわうえいあたへ、らのためにはははんだんかたたまへり。
3 ちちうやまものつみあがなひをなし、
4 ははあがむるものたからむなり。
5 ちちうやまものは、そのらのよろこびけん。またそのいのりかるべし。
6 ちちあがむるものながいのちたもたん。しゅしたがものは、そのははやすみあたふべし。
7 しゅおそるるものはそのちちうやまひ、しゅつかふるごとくそのりゃうしんつかふべし。
8 ことばおこなひとをもてなんぢちちうやまへ。しゅくふくなんぢきたらんためなり。
9 ちちしゅくふくいへかたむれども、ははのろひはそのもとゐくつがへす。

10 なんぢちちふめいよたかむな、これなんぢくわうえいにあらず。
11 ひとくわうえいちちくわうえいよりきたる、ふめいよははちじょくなり。
12 わがよ、いたるなんぢちちたすけ、そのせいかぎりこれをうれへしむな。
13 そのさとりおとろふともこれをしのび、おのちからづよくともかれかろんずな。
14 ちちへのいしゃわするな、つみかはりにこれをもてみづからをてよ。
15 これなんぢ、そのくなんおぼえられ、なんぢつみあつさにくるこほりごとらんがためなり。
16 そのちちつるものかみけがすにひとし、そのははいからしむるものしゅによりてのろはれん。

17 よ、にうわをもてなんぢつとめおこなへ。さらばなんぢよみせらるべきひとあいせられん。
18 おほいなるものとなるときかへつておのれひくうせよ。さらばしゅみまへめぐみん。
19 (なし)
20 しゅちからおほいにして、いやしきものあがめらる。
21 おのれにとりてかたきにぐるものをもとむな、またおのちからおよばざるものをさぐるな。
22 なんぢめいぜられしことをじゅくかうせよ、されたるものはなんぢようなければなり。
23 なんぢぎたるはたらきのためにらうすな、そはひとさとるよりもおほくのものなんぢしめされたればなり。
24 おほくのひとびとかれらいつはりによりてまどはされぬ。またしきうたがひかれらはんだんくつがへしたり。
25 (なし)

26 あやふきあいするものは、あやふきのためにほろびん。かたくななるこころをはりわざはひけん。
27 かたくななるこころなやみひ、つみびとつみつみかさねん。
28 たかぶるものむくいはこれをいやみちなし。あくかれうちればなり。
29 さとひとこころたとへさとるべし。みみちしゃもとむるところなり。
30 みづゆるし、ほどこしつみあがなひをなさん。
31 こういむくゆるものは、のちことこころもちひ、おのたふるるときささへばしらみいださん。