ベン・シラの智慧 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 なんぢざいさんたより、『いつしやうごすほどてり』といふな。
2 こころよくあゆまんために、おのたましひちからとにしたがふな。
3 また『たれわれしはいせん』といふな、しゆかならなんぢむくたまはん。

4 『われつみをかしたれどもなにごとわれおこらん』といふな、しゆながしのたまふなり。
5 あがないたよりて、つみつみくはふることをおそれよ。
6 『そのいつくしみだいなれば、しゆはわがつみおほきをゆるたまはん』といふな、いつくしみいかりとはしゆよりきたり、そのいきどほりつみびとうへとどまらん。
7 しゆかへることをためらひ、いちにちまたいちにちのばすな、しゆみいかりおもはざるにきたり、なんぢばつけてほろびん。

8 ただしからざるざいさんたよるな、けいばつなにえきもなからん。
9 かぜごとくな、みちごとあゆむな、りやうぜつつみびとはかくするなり。
10 なんぢさとりかたち、なんぢことばひとつとなせ。

11 くにすみやかに、こたふるにおそくせよ。
12 もしさとりたばとなりびとこたへよ、たずばなんぢくちけ。
13 めいよふめいよことばにあり、ひとしたはそのほろびなり。
14 ささやくものばるな。したをもてまちぶせすな、ぬすびとはぢきたり、りやうぜつものしきばつきたらん。
15 だいじにもせうじにもむちとなるな。