ベン・シラの智慧 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 かしこさばきびとは、そのたみをしへ、さとりあるひとまつりごとにはちつじょあるべし。
2 そのつかへびとらはたみさばきびとごとく、まちたみはそのつかさらのごと
3 むがくなるわうはそのたみほろぼさん。まちちからあるひとさとりによりててらるべし。
4 しゅみてなかちじゃうけんゐあり。とききたらばしゅふさはしきひとをそのうへたしめたまはん。
5 しゅみてなかひとさかえあり。しゅがくしゃまへにそのくわうえいたまはん。

6 そのをかせるあくのためにとなりびとにくみ、ばうりょくをもてことをなすな。
7 たかぶりしゅひととのまへにくむべきものなり。ふたつにむかひてあくおこなへばなり。
8 ふはふあらびきんせんむさぼりとのために、しゅけんは、くによりくにうつさる。
9 いかなればつちちりほこるや。そのあひだにすらはらわたいだすにあらずや。
10 いしゃながやまひをあざわらふ。けふわうあすなん。
11 そはひとぬるときは、ふものとけものむしとをがん。
12 ひとしゅよりはなるるはたかぶりはじめにして、そのこころかれつくたまひしものるなり。
13 たかぶりはじめつみなり。これをたもものむべきものをそそいださん。ゆゑしゅしきわざはひくだし、かれらまったほろぼたまひぬ。
14 しゅまつりごとものくらゐくつがへし、にうわなるものをそのうしろたまひぬ。
15 しゅくにぐにり、そのあといやしきものたまひぬ。
16 しゅくにぐにとちくつがへし、もとゐいたるまでこれをほろぼたまひぬ。
17 しゅひとびといだしてほろぼし、よりそのきねんたまへり。
18 たかぶりひとのためにつくられず、いかりをんなすゑのためにつくられざるなり。

19 たふときはいかなるやからなるか、ひとやからなり。たふときはいかなるやからなるか、しゅおそるるものなり。たふとからざるはいかなるやからなるか、いましめをかものなり。
20 きゃうだいたちのうちりてかれらをさむるものたふとばる。しゅおそるるものは、しゅまへたふとばる。
21 (なし)
22 めるひとも、たふとひとも、まづしきひとも、そのくわうえいみなしゅおそるるにあり。
23 さとりあるまづしきひといやしむるはただしからず。つみびとあがむるはふさはしからず。
24 おほいなるひとさばきびとちからあるひとあがめられん。されどかれらなにびとしゅおそるるものよりおほいならず。
25 じしゅさとしもべつかへん。ちしきあるひとつぶやかざるべし。

26 なんぢわざをなすときかしこきにぐな。なんぢしついときに、おのれあがむな。
27 はたらきて、すべてのものをゆたかものは、おのれあがめてかてものまされり。
28 わがよ、にうわをもてなんぢたましひあがめ、そのあたひしたがひて、これをたふとべ。
29 たれおのがたましひにさからひてつみをかものただしとせんや。たれおのいのちはづかしむるものあがめんや。

30 まづしきひともそのちしきのためにあがめらる。めるひとはそのとみのためにあがめられん。
31 されどまづしくしてあがめらるるひとまば、そのあがめらるることいかばかりぞや。またみていやしめらるるひとまづしくならば、そのいやしめらるることいかばかりぞや。