ベン・シラの智慧 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 なんぢふところつまねたむな、なんぢさからひてしきをしへまなばざらんためなり。
2 なんぢたましひをんなあたふな、かれなんぢちからみにじらん。
3 いんをんなふな、なんぢそのわなにおちいらん。
4 うたうたうをんなともとなるな、なんぢそのはかりごととらへられん。
5 をとめつむな、そのたふときものによりてつまづかざらんためなり。
6 なんぢたましひあそびめあたふな、なんぢもちものうしなはざらんためなり。
7 まちちまたにてなんぢまはりみまははすな、そのさびしきところにさまよふな。
8 なんぢうつくしきによりてあいよくもやされぬ。
9 をっとあるをんなともすな、これとともさけみてたのしむな。なんぢこころかれかたむき、じゃうよくなんぢほろぼさん。

10 ふるともみすつな、あたらしきはこれにくらぶべくもあらず、あたらしきともあたらしきぶだうしゅごとし。ふるくならばなんぢよろこびてこれをまん。

11 つみびとくわうえいねたむな、なんぢいかにかれたふるるかをらざればなり。
12 けいけんならぬものよろこびをもてよろこぶな、かれらばっせられずしてははかくだることなきをおぼえよ。
13 ころちからあるひとよりとほざかれ、さらばなんぢおそれうたがはざるべし。かれもときたりなば、あやまちをなすな、かれあるひなんぢいのちたん。なんぢわなまなかき、まちいしがきうへあゆむとれ。

14 なんぢちからしたがひてなんぢとなりびとさぐり、ちしゃともはかれ。
15 さとりあるひとともかたり、なんぢかたところをすべていとたかきものおきてかなはしむべし。
16 ただしきひとなんぢしょくたくかしめ、しゅたいするおそれなんぢそしりとせよ。

17 わざたくみふさはしきがごとく、たみをさむるものは、そのことばかしこかるべし。
18 まちにておそろしきはしきしたひとなり、ことばすみやかなるひときらはるべし。