ベン・シラの智慧 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 いやしきひとちゑはそのかしらたかめ、かれおほいなるひとびとうちせしめん。

2 そのうつくしさによりてひとむな。そのかたちによりてひときらふな。
3 はちぶもののうちにてちひさけれど、そのつくるものあましょくもつかしらなり。
4 ころもゆゑほこるな、ほまれおのれたかしとすな、しゅみわざおどろくべく、そのみはたらきはひとびとあひだかくさる。
5 おほくのわうたちうへし、おもひもうけぬひとかんむりをいただかん。
6 おほくのちからあるひとびといたくはづかしめられ、あるひとびとたにんわたされぬ。

7 しらぶるまへしりぞくな、りてのちめよ。
8 まへこたふな、はなしあひださまたぐな。
9 なんぢかかはりなきことのためにあらそふな、つみびとらのさばきともすな。

10 わがよ、おほくのことのためにらうすな。かかはりおほくならばばっせられではあらざるべし。くともず、はしるとものがるるをじ。
11 はたらき、らうし、いそぎて、かへつておほおくるるものあり。
12 おくがちにてたすけえうし、ちからなくしてますますまづしくなるものあり。されどしゅかれうへにありてめぐみほどこし、かれをそのいやしみぶんよりげ、
13 そのかしらたかくしたまひぬ。かくておほくのものかれおどろけり。

14 ぜんあくせいまづしきとみみなしゅよりきたる。
15 (なし)
16 (なし)
17 しゅたまものけいけんなるひともとにあり、しゅめぐみとこしへくはへられん。
18 ようじんしんくとによりてとみすものあり。これはそのむくいぶんなり。
19 そのひとわれあんしんたれば、いざわがざいさんにてしょくせん』といふとも、いつこれをたにんのこしてぬるかをらざるなり。
20 なんぢけいやくかたちてつねにこれをたもち、なんぢわざじゅくたつせよ。

21 ざいにんわざおどろかず、しゅしんらいして、なんぢらうどうとどまれ。しゅみまへにては、まづしきひとにはかましむるもやすことなり。
22 しゅしゅくふくけいけんなるひとむくいうちにあり。ときやがてきたり、しゅそのしゅくふくゆたかにしたまはん。
23 『われにはなにようあらんや、いまよりわがきものはなににかならん』といふな。
24 『われれり。いまよりなにがいわれおこらん』といふな。
25 ひときことのしきことをわすれ、しきことのに、きことをおもでざるべし。
26 しゅみまへには、にそのおこなひしたがひてむくゆるはやすきことなり。
27 ひとときくなんよろこびわすれしむ。ひとりんじゅうにはそのもろもろおこなひあらはされん。
28 そのまへなにびとをもさいはひといふな、ひとはそのらにりてらるべし。

29 すべてのひとなんぢいへまねくな、いつはりびとのたくらみおほければなり。
30 たかぶるひとこころかごなかなるをとりしゃこごとし。かれかんじゃごとひとたふるるをうかがふ。
31 かれきものをあくへんとかまふ。またかれむべきものをかへつてひなんせん。
32 ひばなよりおほくのまれたるすみえつく。つみびとながさんとてかまふ。
33 あくおこなものこころせよ、かれあくじをたくらむ。おそらくはかれいつまでもなんぢめん。
34 みしらぬひとなんぢいへけなば、さわぎをもてなんぢなやまし、なんぢのものよりなんぢとほざけん。