ベン・シラの智慧 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 さいはひなるかな、くちすべらさず、つみかなしみをもてとほされざれるひと
2 さいはひるかな、そのたましひめられず、おののぞみよりおとされざるひと

3 とみやぶさかなるひとふさはしからず。そねひときんせんをもてなにをなさんとするや。
4 おのたましひはなれてあつむるひとたにんのためにこれをあつむ。たにんかれもちものをもておごたのしまん。
5 おのれむかひてあくなるひとつみむかひてぜんとならんや。かれけっしてそのざいさんによりてよろこびざるべし。
6 おのれうたがものまさりてしきひとあらんや。かれあくむくいなり。
7 かれぜんをなすとも、ほっせずしてなすなり。つひいたらばおのあくあらはさん。
8 かほそむけ、ひとたましひあなどりつつおのをもてねたひとあくなり。
9 むさぼひとおのぶんをもてれりとせず、はいとくふせいはそのたましひらす。
10 しきかてむさぼる。かれしょくたくにてやぶさかなり。

11 わがよ、なんぢちからしたがひておのれぜんをなし、かちあるそなへものしゅもときたれ。
12 きおくせよ、はためらはざるを。はかけいやくなんぢしめされざるなり。
13 なんじぬるまへなんぢともぜんをなせ。なんぢちからしたがひ、ひろげてかれあたへよ。
14 のためにおのれあざむくな、ねがひぶんなんぢよりらしむな。
15 なんぢらうどうたにんのこさざるや、なんぢらうりょくくじにてわかたざるや。
16 あたへよ、けよ、なんぢたましひたのしましめよ。はかにてはおごりもとむるものなければなり。
17 すべてのにくころもごとふるぶ。『なんぢかならぬべし』とははじめよりのやくそくなり。
18 しげれるさかゆるごとく、あるものはち、あるものはぶ。にくひともかくのごとく、ひとりりてまたひとりうまる。
19 いかなるわざちてつ。はたらびとはこれとともるべし。

20 さいはひなるかな、ちゑもとめ、そのさとりをもてこれをきはむるひと
21 そのこころちゑみちおもひとは、ちゑひみつにつきてちしきべし。
22 あとひとごとちゑあとひ、そのみちにてまちぶせよ。
23 ちゑまどうかがひとは、そのにてみみかたむくべし。
24 ちゑいへちかやどひとはそのかべせんくべし。
25 かれおのてんまくちゑもとり、きもののやどりばやどらん。
26 かれはそのらをちゑかくれがうちき、おのれはそのえだもととどまらん。
27 ちゑによりてかれあつさをけ、かつそのえいくわううちやどらん