ベン・シラの智慧 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 れきせいるるものけがされん。たかぶるひとまじはものはこれにひとし。
2 なんぢちらかぎておもにふな、おのれよりもちからづよかつめるものまじはるな、つちうつはかまなにまじはりをかたん、かれこれはばくだかるべし。
3 めるものあくおこなひ、またひとおどす。まづしきものしへたげられてあはれみもとむ。
4 なんぢあれば、かれなんぢしゃうひんとし、とぼしくならば、なんぢてん。
5 なんぢざいさかあらばかれなんぢともみ、なんぢはだかにしていざるべし。
6 なんぢえうするときかれなんぢあざむかん。なんぢほほゑみてのぞみあたへ、たくみなんぢかたり、『なんぢなにえうするや』といはん。
7 またかれはそのしょくじをもてなんぢはづかしめ、ふたたびまたみたびなんぢはだかにし、つひなんぢあざけわらはん。かくてのちは、なんぢなんぢて、なんぢむかひてそのかしららん。
8 なんぢこころしてあざむかれざるやうにし、またなんぢたのしみをもてひくくせられざるやうにせよ。
9 ちからあるひとなんぢまねかばひかえよ、さらばかれますますなんぢまねかん。
10 かれせまるな、おそらくはかれなんぢかへさん。されどとほはなれてつな、おそらくはなんぢわすれられん。
11 たいとうかれかたらんとねがふな、またそのおほくのことばしんずな、かれはそのおほくのことばをもてなんぢこころみ、ほほゑみをもてなんぢさぐらん。
12 そのかたりたることばみづかまもらざるものむじひなり。かかるひとはばからずひとそこなひ、またしばらん。
13 みづからこれをまもり、はげみてこころせよ。そはなんぢぼつらくあやふきあゆむべければなり。
14 (なし)

15 すべてのいきものはそのともがらあいし、すべてのひとはそのとなりびとあいす。
16 すべてのにくはそのるゐしたがひてまじはり、すべてのひとはそのこのものすがる。
17 おほかみこひつじなにまじはりをかたん。つみびとけいけんなるひととのあひだもこれにひとしかるべし。
18 やまいぬいぬとのあひだなにへいわかある、めるひとまづしきひととのあひだなにへいわかある。
19 のろばあらのにてししゑじきとなるごとく、まづしきひとめるひとまきぐさとならん。
20 へりくだりたかぶるひとまるるごとく、まづしきひとめるひとまる。

21 めるひとたふはじむるとき、そのともによりてささへらる。されどいやしきひとたふるるときは、そのともみすてらる。
22 めるひとたふるるときたすけてあまたあり。かれいふべからざることをいふともひとこれをただしとす。いやしひとたふれなばひとびとかへつてかれめん。かれちゑかたるとも、なにくらゐをもあたへられず。
23 めるひとかたればすべてのひともだす。そのいふところひとびとくもにまでぐ、まづしきひとかたれば、ひとびと『これはたれぞ』といふ。もしつまづかばひとびとをかしてこれをたふさん。

24 とみつみなきひとにはきものなり。まづしきけいけんならぬひとくちにはしきものなり。
25 ひとこころは、ぜんにもあれあくにもあれ、そのかほいろふ。
26 こころよかほいろさいはひなるひとこころしるしなり。たとへみいだすはかたこころづかひなり。