ベン・シラの智慧 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 しゅおそるるものはこれをなさん。おきてつものはちゑべし。
2 ははのごとくちゑかれむかへ、をとめなりしときとつぎしつまごとかれけん。
3 さとりのかてをもてちゑはこれをやしなひ、むべきちゑみづをこれにあたへん。
4 かれはちゑうへにとどまりてうごかず、これにたのみてみだされざるべし。
5 ちゑかれをそのとなりびとうへたかめ、くわいしゅうまなかにて、かれくちひらかん。
6 かれはたのしみよろこびかんむり、およびとこしへがん。
7 おろかなるひとちゑず、つみびとはこれをざるべし。
8 ちゑほこりよりとほはなる。いつはりびとは、これをおぼえざるべし。
9 さんびつみびとくちにふさはしからず、これはしゅよりかれつかはされれしにあらず。
10 さんびちゑくちにてあらはさる。しゅ、これをさかえしめたまわん。

11 『わがたふれたるはしゅる』といふな、なんぢしゅにくたまことをなすをじ。
12 『われあやまらしめしはしゅなり』といふな、しゅつみびとえうたまはざるなり。
13 しゅはあらゆるあくにくたまふ。しゅおそるるひとびとはこれをあいせざるなり。
14 しゅはじめみづかひとつくり、これをたすくるものゆだたまへり。
15 なんぢもしほっせばいましめまもべし。ことちゅうなるはよろこばしきことなり。
16 しゅみづとをなんぢまへたまへり。いづれにてもこのむものになんぢぶべし。
17 ひとまへせいとあり、いづれにてもそのこのむものかれあたへらるべし。
18 しゅちゑおほいなり。しゅはそのちからつよく、すべてのものをそなはしたまふ。
19 そのしゅおそるるひとびとうへにあり、しゅひとのあらゆるわざたまはん。
20 しゅなにびとにもかみうやまふなとめいたまはず、またなにびとにもつみをかゆるしあたたまはざりき。