ベン・シラの智慧 第十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十六章[編集]

1 えきなきらのおほさをのぞむな、またけいけんならぬむすこらをよろこぶな。
2 かれらすとも、しゅたいするおそれともにあらずば、これをよろこぶな。
3 かれらせいかつたのむな、またそのちゐこころかたむくな、ひとりせんにんよりもまさることなり。なくしてぬるはけいけんならぬらをつにまさるなり。
4 さとりひとりによりてまちじんこうさん。されどふはふなるひとびとやからおとろふべし。
5 かかることどもを、われおほくわがをもてたり。またわがみみこれよりもおほいなることけり。

6 つみびとらのしふくわいうちやさるべし、したがはぬくにびとらのあひだみいかりえあがれり。
7 おのちからをもてそむきしむかしきょじんと、しゅやわたまはざりき。
8 しゅはロトのさすらいしゆるたまはざりき。ひとびとほこりにくたまへるなり。
9 しゅほろびたみあはれたまはざりき。かれらはそのつみうちたづさられぬ。
10 かたくななるこころをもてともあつまれるろくじふまんにんほへいをもしかなしたまへり。
11 ただひとりくぞつよものにてもばつけてあらば、これおどろくべきことなり。そはじひいかりとはしゅともにあり、しゅちからありてゆるしあたへ、またそのみいかりそそたまふ。
12 そのじひおほいなるごとく、そのこらしめまたおほいなり。しゅはそのわざしたがひてひとさばたまふ。
13 つみびとかすうばひてのがるるをじ。けいけんなるひとにんたいくじかれざるべし。
14 しゅはあらゆるじひわざのためにみちひらたまはん。すべてのひとそのわざしたがひてこれをみいだすべし。
15 (なし)
16 (なし)

17 『われしゅかくさるべし、たれたかところよりわれおぼえん、われはかかるおほくのひとびとあひだられざるべし、かずられぬつくられたるもののうちにてわがたましひなになるぞ』といふな。
18 よ、てんしょてんてんふかふちとは、しゅおとづたまときうごかん。
19 やまも、もとゐも、しゅたまときともふるをののくべし。
20 これらことただしくおもひとはなし、たれかそのみちかんがんや。
21 はやておこらんにたれもこれをざるべし。しゅみわざおほくはかくさる。
22 たれわざべんや、たれかこれにへんや、そのけいやくとほはなる。
23 こころものはこれをかんがへ、むちにしてあやまられたるひとおろかなることをおもふ。


24 わがよ、われけ、またちしきまなべ、なんぢこころをわがことばかたむけよ。
25 われはかりをもてをしへしめし、たしかなるちしきげん。
26 しゅさばきによりてそのわざはじめよりる。これをつくたまへるときより、しゅそのもろもろぶぶんととのたまへり。
27 しゅはそのみわざちつじょて、けんゐあるものをよよつたたまへり。かれらゑず、つかれず、またそのわざむることなし。
28 たれもそのとなりびとなやまさず、かれらけっしてそのみことばそむくことなし。
29 これらのことののちしゅちじゃうそなはし、もろもろきものをもてこれをたしたまひぬ。
30 しゅおもてを、あらゆるけるものをもておほたまへり。さればかれらみなかへるなり。