ベン・シラの智慧 第十七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十七章[編集]

1 しゅつちよりひとつくたまひ、ふたたびこれをつちかへたまふ。
2 ひかずさだまりたるときとをこれにあたへ、またうへのすべてのものををさむるけんあたたまへり。
3 しゅおのれひとしきちからをこれにせ、おのかたちせてこれをつくりたまへり。
4 またしゅはすべてのにくをしてこれをおそれしめ、けものとりとををさむるちからをこれにあたたまへり。
5 (なし)
6 すすめしたみみ、またさとこころあたたまへり。
7 しゅさとりじゅくれんかれらたし、ぜんあくとをこれにしめたまへり。
8 そのみわざみいつしめさんために、しゅはそのかれらこころうへたまへり。
9 (なし)
10 かれらしゅせいなるみなめん、これかれらしゅみわざみいつべんためなり。
11 しゅかれらちしきくはへ、いのちおきてゆづりとしてこれにあたたまへり。
12 しゅかれらとこしへけいやくをなし、そのさばきをこれにしめたまひぬ。
13 かれらはそのえいくわうみいつ、そのみみはそのえいくわうあるみこゑけり。
14 またこれにたまひけるは、『すべてのふぎこころせよ』と。しゅかれらに、おのおのそのとなりびとにつきてなすべきいましめあたたまへり。

15 かれらみちつねしゅみまへにありて、そのよりかくされざるべし。
16 (なし)
17 しゅはすべてのくにびときみたまへり。されどイスラエルはしゅものなり。
18 (なし)
19 そのすべてわざしゅみまへにちりんごとし。しゅえずかれらうへにあり。
20 そのふはふしゅんくるることなし、そのつみみなしゅみまへにあり。
21 (なし)
22 ひとほどこししゅにとりてひとつのしるしなり。しゅひとかういひとみごとたもたまはん。
23 のちしゅちてかれらむくい、かれらむくいかれらかしらかへたまはん。
24 されどくいあらたむるものこたへあたへ、にんたいうしなはんとするものなぐさめあたたまふ。

25 しゅたちかへりて、つみてよ。みかほまへなんぢいのりをささげ、あやまちすくなくせよ。
26 いとたかきものきたりて、ふはふよりとほかり、にくむべきものをいたくにくめ。
27 よみりてはたれけるひとびとかはりて、いとたかきものさんびし、かつこれにかんしゃせん。
28 らざるものなればしびとにはかんしゃなし。きてたしかなるものはしゅさんびせん。
29 しゅみいつくしみと、しゅかへひとびとへのみをしへいかおほいなるかな。
30 すべてのものはひとびとうちず、そはひとなぬものにあらざればなり。
31 なにものかよりもあかるき、しかもこれなほほろびん、まししてにくとのかたむきあるひとをや。
32 しゅてんたかところにあるばんぐんと、つちちりなるすべてのひととをそなはしたまふなり。