ベン・シラの智慧 第十八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十八章[編集]

1 とこしへたまものはすべてのものをひとしくつくたまへり。
2 ただしゅのみとせられたまふ。
3 (なし)
4 しゅたれにもそのみわざぶるちからあたたまはず、たれかそのちからあるみはたらきさぐん。
5 たれしゅみいつちからん、たれかそのもろもろいつくしみかぞん。
6 たれり、またくはふるあたはず、たれしゅおどろくべきみわざさぐあたはず。
7 ひとをはりたるときはじめたるにぎず。そのむるときこんわくうちにあり。
8 ひとなになるか、なにようかれにある、そのぜんなになるか、くたそのあくなになるか。
9 ひとよはひおほくともひゃくさいなり。
10 うみみづひとしづくごとく、はままさごひとつぶごとく、とこしへにありてはひとのよすうねんきにひとし。
11 さればしゅひとのためにながしのび、そのいつくしみをこれにそそたまへり。
12 しゅかれらをはり、そのあくなるをたまふ。さればしゅはそのみゆるしたまふ。
13 ひといつくしみはそのとなりびとうへにあり。されどしゅいつくしみはすべてのにくうへにあり。しゅはこれをいましめ、こらし、またをしへ、ぼくしゃごとくそのむれともなかへたまふ。
14 そのこらしめけ、はげみてそのさばきもとむるものに、しゅいつくしみたまふ。

15 わがよ、おこなひけがすな。そなへものをなすときこころよからぬことばもちふな。
16 つゆくるねつすにあらずや、かくのごとひとつのことばそなへものよりもよし。
17 よ、ことばそなへものまさるにあらずや。されどあはれみあるひとふたつをつ。
18 おろかなるものあはれみなくひとめ、ねたひとそなへものおとろへしむ。

19 かたまへまなべ、まへいやせ。
20 さばきまへおのれかへりみよ、さらばかへりみときゆるしかうむるべし。
21 やまひにかかるまへみづかへりくだれ、つみをかときくいあらためしめせ。
22 ときのぞみてちかひたすをなにものにもさまたげしむな。とせらるるをいたるまでつな。
23 ちかまへなんぢちかひそなへよ、しゅゃこころむるものごとくすな。
24 をはりみいかりおもへ、またみかほそむたま ふくしゅうときおもへ。
25 れるききんときを、めるまづしきとともしきとをおもへ。
26 あしたよりゆふべいたるまでときうつり、すべてのものはしゅみまへはしる。
27 ちしゃはすべてのことにおそれ、つみをかさんとするとき、これををかさざるやうこころす。
28 さとりあるひとはすべてちゑり、これをみいだすものにかんしゃせん。
29 ことばさとものみづかかしこくなりて、よきしんげんそそいだす。

30 なんぢじょうよくふな、しょくよくよりおのれとほざけよ。
31 よくばうまんぞくなんぢたましひゆるさば、てきまへわらひぐさとせられん。
32 おほおごたのしむな、またそのひようしばらるな。
33 なんぢさいふいっせんもなきときりしかねもてさかもりひらきて、こつじきとなるな。