ベン・シラの智慧 第十九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十九章[編集]

1 さけはたらきびとむことなからん。せうじかろんずるものすこしづつたふくべし。
2 さけをんなさとりあるひとをもだらくせしめん。あそびめお゛るるものむちぐ。
3 しみむしかれをくらひ、そのむちなるたましひほろぼされん。

4 いそぎてひとしんらいするものはけいそつなり。つみをかものおのたましひむかひてをかすなり。
5 こころにてたのしものめらるべし。
6 かたることをきらものあやまちすくなし。
7 なんぢかたらるることをへすな、さらばふりえきたすことなからん。
8 ともにもてきにもこれをかたるな、またなんぢにとりてつみとならずばそれをあらはすな。
9 そはかれなんぢき、なんぢときいたらばなんぢにくまん。
10 なんぢなにごとをかきし、それをはうむれ、こころつよくせよ、それはなんぢかざるべし。
11 おろかなるものことばゆゑなやむ。をんなの、そののためにうみくるしみをなすがごとし。
12 の、ふとりたるももごとく、ことばおろかなるものはらす。

13 ともいましめよ、かれあるひはそれをなせしにあらざらん。もしなにごとかをなせしならば、ふたたびこれをなさざるべし。
14 ともいましめよ、かれあるひはそれをひしにあらざらん。もしひしならば、ふたたびいはざるべし。
15 ともいましめよ、ざんげんしばしばおこらん。されどすべてのことばしんずな。
16 こころよりにあらでくちすべひとあり。そのしたをもてつみをかさざるはたれぞ。
17 なんぢとなりびとおどまへに、まづいましめよ。いとたかものおきてところさすべし。
18 (なし)
19 (なし)

20 すべてのちゑしゅおそるることなり。すべてのちゑおきてじゃうじゅあり。
21 (なし)
22 されどあくちしきちゑにあらず。つみびとくわんげんさとりにあらず。
23 あくあり、こはにくむべきものなり。またちゑぐじんあり。
24 すこしのさとりありておそるるひとは、おほくのしりょありておきてをかひとまさる。
25 たくみなれどもただしからざるわざあり。さばきんためにかういぐるものもあり。
26 あくをなし、かなしみてかうべるるも、こころにはいつはりつるものあり。
27 そのかほせ、かたみみみみしひごとくすとも、られざるところにては、なんぢりようすべし。
28 ちかららざるため、つみをかすをさまたげらるとも、をりあくをなすものあり。
29 ひとはそのみえによりてらる。なんぢときちしゃはそのかほによりてられん。
30 ひとよそほひわらひまたあゆみかたは、そのいかなるひとなるかをしめす。