ベン・シラの智慧 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 ぜんをなさば、たれにこれをなすかをれ。さらばなんぢぜんかうかんしゃけん。
2 けいけんなるひとぜんをなせ。さらばなんぢむくいん。もしかれよりけずば、いとたかきものよりけん。
3 あくおこなつづくるもの、またほどこしをなさざるものにはぜんきたらじ。
4 けいけんなるひとあたへ、つみびとたすくな。
5 いやしものぜんをなし、けいけんならぬものあたふな、そのかておさへてかれあたふな、かれはそれをもてなんぢたん。なんぢかれのためになすすべてのぜんたいしてかへつてにばいあくけん。
6 そはいとたかきものまたつみびとにくみ、けいけんならぬものあだへしたまはん。
7 ぜんにんあたへ、つみびとたすくな。

8 ともさいはひときこころみられず、てきふかうときかくされざるべし。
9 ひとさいはひときてきかなしみ、ふかうときには、とももこれをはなれん。
10 けっしてなんぢてきたよるな。しんちゅうさびづるごとく、かれあくでん。
11 かれおのれひくくしてかがくとも、おこたらずこころせよ。さらばなんぢかれたいしてかがみぬぐひしごとくなり、かれまったくはおほせざるをるべし。
12 かれなんぢそばらしむな、おそらくはかれなんぢくつがへして、なんぢところたん。かれなんぢみぎせしむな、おそらくはかれなんぢせきもとめん。かくてなんぢつひひしことをみとめ、わがことばによりてされん。
13 たれへびまれたるまじゅつししくはあらきけものちかづきしひとあはれまん。
14 ごとたれか、つみびともときこれとそのつみともにするものあはれまんや。
15 しばしほどはかれなんぢともらんも、なんぢたふれなばけっしてこれをささへざるべし。
16 てきはそのくちをもてうるはしくかたり、そのこころにてはいかにしてなんぢあなおちいらしめんかをはからん。てきはまたそのをもてかん。されどもしをりなばをもてなへらざるべし。
17 ふかうときなんぢそこに、なんぢまへかれみいださん。かれなんぢたすくるごとさまにてなんぢくびすまん。
18 かれかしらり、ち、おほささやき、かつそのかほへん。