ベン・シラの智慧 第二十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十章[編集]

1 ぎたるいましめあり、ちんもくまもるはむしろかしこし。
2 いかるよりはいましむるかたいかにもよきかな。されどこくはくをなすものはづかしむな。
3 (なし)
4 ぼうりょくをもてさばきおこなものは、じゃうよくをもてをとめけがえんじんごとし。
5 ちんもくまもりてさとしとらるるものあり。またそのことばおほきためににくまるるものもあり。
6 こたへをなすにおよばざればちんもくまもるものあり。そのときゆゑちんもくまもものもあり。
7 ちしゃとききたるまでちんもくまもるべし、されどつぶやものおよびおろかなるものはそのときみすごさん。
8 ことばおほものきらはるべし、おのれけんゐものにくまれん。

9 ふかううちひとさいはひきたることもあり、りえきの、そんしつかはることもあり。
10 なんぢえきせざるおくりものもあり、そのへんれいにばいとなるおくりものもあり。
11 めいよりてきたちじょくもあり、ひくみぶんよりそのかしらたかめらるるひともあり。
12 すこしのものをもておほくのものをひ、それをしちばいにしてかへものもあり。
13 ことばさとものあいせらるべし、されどぐじんぎげんながされん。
14 ぐじんおくりものなんぢえきせざるべし。かれひとつにあらず、おほければなり。
15 かれまったあたへておほむ。くちひらけばひろめやごとし、けふしてあすはたらん。かかるひとにくむべきものなり。
16 おろかなるものはいはん『われともをもたず、われにはわがぜんかうしゃするものなし、わがかてくらものしきしたをもつ』と。
17 いかにしばしばまたいかにおほくのひと、かくひて、ひとあざけられしぞ。

18 しきいしすべるはしたすべりまさる。かくのごとあくにんぼつらくすみやかきたらん。
19 そやなるひとときわきまへぬはなしごとし、それはえずむちなるひとくちにあらん。
20 ぐじんくちよりづるたとへしりぞけらるべし、ときはずれていへばなり。

21 あるひとをりうしなひてつみさまたげらる、そのやすときなにはんもんもなし。
22 あるひとはぢゆゑにそのいのちほろぼし、またそのおろかなるかほによりてこれをほろぼさん。
23 あるひとはまた、はぢのためにともやくそくし、いはれなくしてかれてきとなす。

24 いつはりひとなかみにくしみなり。それはえずむちなるひとくちにあらん。
25 ぬすびとえずいつはひとまさる。されどかれらはいづれもほろびがん。
26 いつはりびとさがづべきものなり。そのはぢつねかれとともにあり。

27 ちしゃことばをもておのれすすめ、かしこひとおほいなるひとびとよろこばすべし。
28 おのれとちたがやものは、そのとりいれものたかみあげ、おほいなるひとびとよろこものはそのふはふにつきてゆるしん。
29 そなへものおくりものとはちしゃくらまし、くちなぞごといましめしりぞく。
30 かくれたるちゑも、えざるたからも、これになにえきかあらん。
31 そのおろかかくひとはそのちゑかくひとまさる。