ベン・シラの智慧 第七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第七章[編集]

1 あくをなすな、さらばあくなんぢかざるべし。
2 ふぎよりとほざかれ、さらばふぎなんぢくべし。
3 よ、ふぎあぜたねくな。それをななばいにしてらざらんためなり。

4 すぐれたるちゐしゅもとめ、めいよしゅもとむな。
5 しゅまへみづからをとすな。わうまへなんぢちゑしめすな。
6 さばきびととなるな。なんぢふぎあたはず、ちからあるひとおそれて、ただしきみちつまづきかざらんがためなり。

7 まちぐんじゅうむかひてつみをかすな。おほくのひとまへおのいだすな。
8 つみにばいにすな。ひとつのつみにてもばつけざることなからん。
9 『しゅそなへものおほきをそなはしたまはん、われいとたかきかみささげものをなすときしゅこれをたまはん』といふな。
10 なんぢいのりつかるな。ほどこしをゆるがせにすな。

11 そのたましひにがきにとき、そのひとあざけわらふな。ひくくしまたたかくしたまものゆゐいつなり。
12 なんぢきゃうだいむかひていつはりをたくらむな、なんぢともむかひてもこれをなすな。
13 いかなるいつはりにてもなすことをほっすな、そのならはしからざればなり。
14 ちゃうらうたちのむれうちにてぐな。いのときことばかへすな。

15 かたらうどうおよいとたかきものめいたまへるのうげふいとふな。
16 おのれつみびとむれうちかぞふな、みいかりきたることおそらかざるをおぼえよ。
17 かれたましひをいたくひくうせよ。そはけいけんならぬものけいばつは、ひぜめむしぜめとなればなり。

18 むえきなるもののためにともへ、オフルのこがねのためにまこときゃうだいふな。
19 かしこき、つまみすつな、そのうつくしさはこがねまさる。
20 いっしんはたらものまたなんぢのためにそのいのちあたふるやとひびとしへたぐな。
21 こころにてかしこしもべあいし、そのじいううばふな。

22 なんぢかちくつか、これをかへりみよ。なんぢあらばこれをたもつべし。
23 なんぢむすこつか、これをただし、わかときよりそのくびひくくせしめよ。
24 なんぢむすめつか、そのからだこころもちひ、これにゑがほくな。
25 なんぢむすめとつがしめなばなんぢこころづかひらん、これをさとひとあたへよ。

26 なんぢこころかなつまあるか、これをるな。
27 ぜんしんつくしてなんぢちちあがめよ。なんぢははうみくるしみわするな。
28 なんぢみしひとびとおぼえよ。なんぢのためになせしこころづくしは、なにをもてむくいんとするか。

29 なんぢたましひかたむけてしゅおそれ、またそのさいしうやまへ。
30 なんぢちからつくして、なんぢつくたまへるものあいし、そのつかへびとわするな。
31 しゅおそれ、そのさいしあがめよ。めいぜられしごとくそのわけまへをさめよ。すなははつほけんさいももそなへものきよめのいけにへおよきよきものはつほなり。

32 まづしきものひろげよ、なんぢしゅくふくまったうせられんがためなり。
33 そなへものはすべてけるひとまへよろこばる。されどしにんのためにもかういこばむな。
34 ものくな、かなしものともかなしめ。
35 びゃうにんみまふにおくるな、なんぢはこれによりてあいべし。
36 すべてのことにおいおのをはりおぼえよ。さらばいつまでもあやまちなからん。