ベン・シラの智慧 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 わがよ、なんぢしゅなるかみつかへんとてきたときなんぢたましひこころみそなへよ。
2 なんぢこころなほくして、つねへ、くるしみときいそぐな。
3 しゆすがりてはなるな。それなんぢをはりさかえんためなり。
4 なににてもなんぢきたるものをけ、なんぢみぶんひくくせらるるときにてもしのべ。
5 きんにてこころみられ、よみせらるべきひとくなんにてこころみらる。
6 しゅたよれ、さらばしゅなんぢたすたまはん。なんぢみちなほくしてしゅあふげ。

7 しゅおそるるひとびとよ、しゅじひのぞめ。たふれざるやうわきみすな。
8 しゅおそるるひとびとよ、しゅれ。なんぢらのむくいえざるべし。
9 しゅおそるるひとびとよ、きものをのぞみ、とこしへよろこびいつくしみとをのぞめ。
10 いにしへかへりみよ、たれしゅたよりてはづかめられしや、たれしゅおそれてみすてられしや、たれしゅびてみすごしにせられしや。
11 しゅあはれみぶかく、いつくしみあり、つみゆるし、なやみときすくたまふ。

12 わざはひなるかな、おぢおそるるこころよわりたるまたにとつみびと
13 わざはひなるかな、よわりたるこころしんぜざるゆゑかくれがなかるべし。
14 わざはひなるかな、にんたいうしなひたるなんぢら。しゅなんぢらをおとづたまときなにをなさんとするか。
15 しゅおそるるものはそのみことばそむかず、しゅあいするものはそのみちまもるべし。
16 しゅおそるるものはそのよろこびもとめ、しゅあいするものおきてをもてみたさるべし。
17 しゅおそるるものおのこころそなへ、しゅみまへおのれひくくすべし。
18 いざわれひとにあらで、しゅみておちいらん。しゅみいつのみならずいつくしみをももちたまへばなり。