ベン・シラの智慧 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 すべてのちゑしゆよりきたり、とこしへしゆともり。
2 うみまさごあめしづく、またとこしへひかずたれこれかぞふるをん。
3 てんたかさ、ひろさとふかさ、(またちゑたれこれはかるをん。
4 ちゑはすべてこれらのもののまへつくられ、ちしきさとりとこしへむかしよりあり。
5 (なし)
6 ちゑたれけいじせられしや。たれかそのおもんぱかりわきましや。
7 (なし)
8 ゆゐいつの、かしこくしていとおそるべきしゅ、そのみらたまふ。
9 しゅみづかちゑつくり、これを、これをかぞへ、これをそのすべてのみわざうへそそたまへり。
10 すべてのにくには、はかりしたがひて、またかれあいするものには、おしみなくこれあたたまへり。
11 しゅおそるるはくわうえいめいよえつらく、またよろこびかんむりなり。
12 しゅたいするおそれこころなぐさめ、たのしみよろこびまたたかよはひあたふ。
13 しゅおそるるものをはりまったうし、そのぬるときめぐみけん。
14 ちゑはじめかみおそるることなり。ちゑしんかうあつものともたいないにつくられぬ。
15 ちゑはそのとこしへもとゐひとびとまへて、かれらすゑともまん。
16 しゅおそるるはちゑじゃうじゅなり。ちゑはそのをもてひとびとあかしむべし。
17 ちゑはすべてののぞましきものをもてそのいへみたし、そのなりいでものをもてくらみたさん。
18 ちゑかんむりしゅおそるることなり。ちゑへいわきたらしめ、まったけんかうあたふ。
19 ちゑちしきさとりとをくだし、かたくこれをにぎものくわうえいたかむ。
20 ちゑしゅおそるることなり、そのえだたかよはひなり。
21 (なし)

22 ふぎいかりいひのがれみちなし、そのいかりちからほろびまねくべし。
23 にんたいづよひとときいたるまで、しのばん。かくてよろこびかれきたるべし。
24 かれときいたるまでそのことばかくし、おほくのひとくちそのさとりあきらかにせん。
25 ちゑくらにはちしきたとへあり。されどけいしんつみびとにとりてにくむべきことなり。
26 ちゑんとほっせば、いましめまもれ。さらばしゅをしみなくこれをなんぢあたたまはん。
27 しゅおそるることはちゑをしへにして、しんかうにうわとは、しゅよろこたまところなり。
28 しゅたいするおそれそむくな、ふたごころをもてこれにちかづくな。
29 ひとまへぎぜんしゃとなるな。なんぢくちびるこころせよ。
30 おのれたかしとすな、たふれてみづかはぢけざらんためなり。しゅなんぢかくれたるおもひあきらかにし、なんぢつどひまなかたふたまはん。そはなんぢしゅおそれず、なんぢこころいつはりにてちたればなり。