ベン・シラの智慧 第二十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十一章[編集]

1 わがよ、なんぢつみをかしたるか、なほこれにくはふな、またなんぢさきつみのためにゆるしもとめよ。
2 へびかほよりのがるるごとく、つみよりのがれよ、これにちかづかばまれん、そのししにしてひとのたましひをころすなり。
3 すべてのふはふもろばつるぎごとく、そのきずにはいやしみちなし。

4 しへたげはげしきちからとはとみあらすべし、かくてたかぶるひといへすたれん。
5 まづしきひとくちよりづるなげきかみみみり、そのさばきすみやかいたる。
6 いましめにくものつみびとみちにあり。しゅおそるるものこころよりかへるべし。
7 したつよものとほくよりらるれど、さとりあるひとはそのすべときにこれをる。

8 たにんきんせんにていへつるひとは、おのれはかのためにいしあつむるひとごとし。
9 あくにんつどひつつまれたるあさくづごとし、そのをはりなり。
10 つみびとみちいしをもてなめらかにせられ、そのをはりよみあななり。

11 おきてまもものは、そのこころもてをさむるものとなる。しゅたいするおそれじゃうじゅちゑなり。
12 かしこからざるものをしへられじ、されどにがきをかしこさもあり。
13 ちしゃちしきこうずゐごとあふれ、そのじょげんいづみごとくなるべし。
14 ぐじんこころなかやぶれたるうつはごとく、なにちしきをもたもたざるべし。

15 ちしきあるひともしかしこことばかば、これをひとすすめ、またこれにくはふべし。されどはうたうなるひとこれをかばこころよからずおもひ、これをそのうしろつべし。
16 おろかなるひとはなしみちゆときおもにごとし。されどちしゃくちびるにはよろこびみいださるべし、
17 しりょふかひとくちつどひうちにてもとめらるべし、ひとびとかれことばをそのこころのにおもめぐらさん。

18 ちゑおろかなるものにとりてはやぶられたるいへごとし。かしこからざるひとちしきは、いみなきはなしごとし。
19 をしへさとりなきひとにとりてはあしかせごとく、みぎてかせごとし。
20 おろかなるものわらひをもてそのこゑぐ、されどさとひとしづかなるほほゑみだもせざるべし。
21 をしへさとりあるひとにはこがねよそほひごとく、みぎうでわごとし。

22 おろかなるものあしすみやかたにんいへる、されどけいけんあるひとることをづべし。
23 おろかなるものたにんいへよりうちうかがふ、されどをしへけしひとそとたん。
24 にてくはそのひとをしへけたるにる。されどさとりあるひとはぢのためにかなしむべし。
25 みしらぬひとくちびるこれらことによりてかなしまん。されどさとりあるひとことばおもくしてはかりゆ。

26 ぐじんこころはそのくちにあり。されどちしゃくちはそのこころにあり。
27 けいけんならぬひとのサタンをのろふは、おのたましひのろふなり。
28 ささやきおのたましひけがし、そのいたところにてにくまるべし。