ベン・シラの智慧 序言

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

序言[編集]

 おきてよげんしやおよこれしたがひたるひとびとによりて、おほくのおおいなることどもつたへられたり。これらのことのゆゑに、そのをしへちゑとにつきて、イスラエルはあがめらるべきなり。かつこれらのことは、むものみづからこれによりてをしへらるべきものなるのみならず、とくがくなるひとびとはこれをかたり、これをしるしてたにんえきすべきものなれば、そふイエスたねんおきてよげんしやおよふそたちのしよしよみ、くこれにせいつうして、みづからもまたをしへちゑとにかかはことしるし、とくがくなるひとびとおよこれらのことにたづさはるひとびとをして、おきてによるせいくわつにますますすすましめんとせり。さればふ、こころかたむけてこれをじゆくどくし、われらかいしやくせんとつとめしところに、ごくけたるあらばこれゆるせ。そはヘブルにてかたられしものをたこくごほんやくするときそのちからおなじからず、またただこれらのみならず、おきてそのものもよげんも、しよしよも、げんごにてかたらるるときは、そのさうゐすくなからざるなり。ユエルゲススわうさんじふはちねんに、われエジプトにきたりて、しばらくここにとどまあひだふみよりしばしばおほくのをしへみいだしぬ。さればわれみづかねつしんらうりよくあいするこころとをもてこのふみほんやくするひつえうかんじ、しんふみんちゆういぎかうとをかたむけて、よきじじつうちにそのほんやくをはり、いきやうにありて、がくにいそしみ、をさめ、おきてしたがひてきんとほつするもののために、これをこうかんすることとせり。