ソロモンの智慧 第十九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十九章[編集]

1 されど、ふしんのものには、をはりいたりて、あはれむことなきいかりあたへられん。かれらくべきみちも、かみこれをあらかじたまひき。
2 かれらはそのこゝろへて、なんぢたみかしめ、かれらをしてそのみちいそかしめたりしが、やがてまたこゝろかはりて、かれらへり。
3 かくてかれらとむらひなかばにあり、またにたるもののはかにて、なげきをりしとき、またも、おろかなるはかりごとをなし、みづかねがひていだししおちうどへり。
4 かれらのうくべきほろびは、これがため、かれらうへちかづききたれり。かくてかれらは、かれらうへきたりしことどもをわすれ、それによりてかれらくるしむるために、いまだみたざりしばつをうけたり。
5 またなんぢたみおどろくべきみちたびすゝめたりしが、もれらもまた、ふしぎなるへり。

6 すべてのつくられたるものは、そのるゐしたがひてあたらしきかたちとせられ、なんぢくさ〴〵なるめいれいしたがへり。それによりて、なんぢしもべらは、がいをうくることなくまもられんがためなり。
7 やがて、てんまくおほくろくもと、はじめみづなりしもののうちより、かわきたるのぼりきたり、こうかいより、さまたげなきおほぢで、はげしきなみうちより、くさおほきたるとをたり。
8 それによりてかれらはすべてのぐんぜいとともにこれをとほけり。これらはなんぢみてによりておほはれたるものにして、ふしぎなるおどろくべきことたりしなり。
9 しゆよ、かれらうまごとくに、めぐり、こひつじごとくにまはりて、かれらすくひぬしなるなんぢめまつれり。
10 そは、かれらは、そのやどりときにおこりしことどもをおもいだししなり。かちくさんすることなくして、にはしらみで、かはうをなくしておほくのかへるいだせり。
11 されど、やがてまたかれらとりあたらしきたねたり。かれらそのよくによりて、おごりたるびみもとめしとき
12 かれらをなぐさむるために、うみよりうづらのぼきたれり。

13 また、つみびとうく[へ]にはばつきたりしが、それはいかづちちからをもて、あらかじしめされししるしによるものなりき。かれらはそのあくによりて、くるしみひしはたゞしかりき。かれらがそのきやくむかひてなせるにくしみは、まことになげかはしきごとにてありたればなり。
14 ソドムのひと〴〵かれらきたりし、たびゞとをうけざりしが、エジプトびとかれらえきしたるきやくを、どれいとなせり。
15 しかのみならず、かみはソドムのひとに、またことなれるさまにてのぞたまへり。かれらことくにびとてきとしてうけたればなり。
16 かれらはじめえんもうけてよろこむかへし、かれらおなわけまへひと〴〵を、おそろしきらうえきをもてくるしめぬ。
17 かれらたれて、そのちからうしなひ、(たゞしきものもんにあるひともまたしかりき、)きたやみによりてかこまれしとき、いづれもおのいへもんよりのがれんとせり。
18 しらべはそのふしによりてことなるがごとく、たいきもそのかたちへつつ、くさ〴〵つゞけり。それは、やがてきたるべきものの、すがたによりて、あきらからるるなり。
19 かわきたるいきものは、みづなかいきものへられ、およいきものうへあゆみ、
20 みづなかにてそのちからいきほひたもち、みづはそのちからわすれぬ。
21 ほのほもまた、そのなかにあるつべきいきものにくかず、また、てんよりくだりしかてくべきものなれども、そのこほりたるつぶを、かすことなかりき。
22 しゆよ、すべてのことにおいて、なんぢなんぢたみおほいならしめ、かれらくわうえいあたへ、かれらかろくはあしらひたまはず、いつにても、またいづこにてもそのかたはらたまふなり。