テンプレート:Ruby/doc

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルビのついた文書を投稿するには[編集]

Wikisourceではルビを表示・使用することができます。原典にルビが使用されている箇所で、このテンプレートを使用してください。『漢字』に『かんじ』とルビを振るには{{ruby|漢字|かんじ}}または{{r|漢字|かんじ}}と記入します。

使用例1[編集]

{{ruby|祗園精舎|ぎおんしょうじゃ}}の鐘の声、{{ruby|諸行無常|しょぎょうむじょう}}の響きあり。{{ruby|娑羅双樹|しゃらそうじゅ}}の花の色、{{ruby|盛者必衰|じょうしゃひっすい}}の{{ruby|理|ことわり}}をあらわす。おごれる人も久しからず、{{ruby|唯|ただ}}春の夜の夢のごとし。たけき者も{{ruby|遂|つい}}にはほろびぬ、{{ruby|偏|ひとえ}}に風の前の塵に同じ。(『平家物語』冒頭)

出力結果[編集]

ぎおんしょうじゃの鐘の声、しょぎょうむじょうの響きあり。しゃらそうじゅの花の色、じょうしゃひっすいことわりをあらわす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もついにはほろびぬ、ひとえに風の前の塵に同じ。(『平家物語』冒頭)

使用例2[編集]

{{ruby|祗園精舎|ぎおんしょうじゃ|rtcstyle=ruby-position:under|rtc=Jetavana-vihāra}}

出力結果[編集]

ぎおんしょうじゃJetavana-vihāra{テンプレート:6

その他[編集]

Wikisource:ツール・スクリプトを利用することにより、簡単にルビを入力することができます。

入力1[編集]

學(まな)びて時(とき)に之(これ)を習(なら)ふ

出力結果[編集]

まなびてときこれなら

入力2[編集]

原文|入力(にゅうりょく)

出力結果[編集]

原文にゅうりょく

関連項目[編集]