Wikisource:ツール・スクリプト

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
ツール・スクリプト
ここではウィキソースの閲覧や編集などを便利にするさまざまなツールを紹介します。スクリプトの設定方法についてはw:Wikipedia:カスタムJSを参照してください。

Wikisourceサブドメイン下で動作するシェアドスクリプト[編集]

日本語版である程度動作が確認されたものを示します(詳細はこちらを参照)。日本語版では、index、pageの名前空間の番号nsが他言語と異なるなど一部で設定が異なっています。

  • 校正支援
  • 閲覧支援

他のWikimediaプロジェクトのスクリプト[編集]

ガジェット[編集]

Wikisource日本語版で利用できるシェアドスクリプトです。個人設定からクリックで導入できます。

名前 機能 スクリプト作者
MediaWiki:Gadget-char-convert0.js 新旧字体変換 - 旧字漢字、変体仮名を常用漢字、かな等に置換します。「常用」で起動します。 Hiro3600
MediaWiki:Gadget-to-old-char0.js 新旧字体校閲 - 旧字体を持つ新漢字に対して、旧字体への変換候補を表示します。ページ上部「旧字」タブをクリックすることで、ページ内の対象文字と旧字の代替候補を「▼▲」で挟んで表示します。 CES1596
MediaWiki:Gadget-to-numeric-ref1.js CJK統合漢字を数値文字参照形式に置換 - テキストエリア内のCJK統合漢字を数値文字参照形式に置換(例:「神」→「神」に置換)します。標準、ページ名前空間のテキストエリア内でボタン「NCR」をクリックすることにより起動します。 Hiro3600

ユーザスクリプト[編集]

その他のカスタムJSの一覧を示します。

名前 機能 スクリプト作者
利用者:Hiro3600/kana-henkan.js カタカナまじり文を、ひらがなに置き換えるスクリプト(例:大日本帝國憲法などで、議論欄の横の「カナ変」で起動) Hiro3600
利用者:Hiro3600/kanji-code-check.js 漢字コードの種別判定スクリプト(「判別」で起動) Hiro3600
利用者:Hiro3600/hankaku-moji-clear.js PAGE編集画面で、テキストエリア内の半角文字(OCRの誤認識文字)除去、小文字修正(ぃ→い)等(「半角除」で起動) Hiro3600
利用者:CES1596/to-ruby0.js 括弧(()、()、《》)付振り仮名をルビに変換(「ルビ」で起動)。視覚障碍者読書支援協会の原文入力ルール(|と括弧による表現)に対応。 CES1596
利用者:Akaniji/MediaWiki:Gadget-WSexport.js サイドバーに電子書籍形式ダウンロードリンクを追加する(EPUB Akaniji
利用者:Akaniji/MediaWiki:Gadget-WSexportK.js サイドバーに電子書籍形式ダウンロードリンクを追加する(MOBI (Kindle) Akaniji
利用者:Sakoppi/aozora_converter.js 青空文庫のXHTMLのソースからMediaWiki文法のテキストに変換。 Sakoppi
利用者:Sakoppi/LTag.js 適切な著作権タグがモーダルの項目を入力することにより出力される。 Sakoppi
利用者:Sat.d.h./variant-character-selector.js 編集画面で漢字を選択すると、異体字の一覧を表示し、該当する字をクリックすると置換される。異体字セレクタにも対応。 Sat.d.h.
利用者:Sat.d.h./unregistered-char.js JIS第1・第2水準に含まれない文字を検索。 Sat.d.h.
利用者:CES1596/RegexpButton.js 編集用ツールバー及び改良型編集ツールバーに追加されるボタン「R」をクリックすることにより、JavaScriptの正規表現による置換のためのツールを起動。改良型編集ツールバーに標準で付属する置換ツールより高速な処理が可能。 CES1596