ヘルプ:サブページ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
サブページ
ウィキソース上のサブページの使用法に関する文書

ウィキソースはMain名前空間等でサブページ(下位ページ)を使用しています。これはウィキメディア・プロジェクトの中で珍しいことです。以下の覚書きは、これがどのように機能するか、いつ使うか、どう使うかを説明しています。

サブページの認識[編集]

サブページはページの題名上のフォワード・スラッシュによって認識します。スラッシュはウェブページのURLやファイル・ディレクトリにように機能します。ページの題名が Hoge/Fuga の場合、"Fuga" というページが "Hoge" というページのサブページです。複数階層のサブページを作ったり、各段階に複数のサブページを作ったりすることができます。例えば:

  • Hoge
    • Hoge/Fuga
      • Hoge/Fuga/1
      • Hoge/Fuga/2
      • Hoge/Fuga/3
    • Hoge/Piyo
      • Hoge/Piyo/1
      • Hoge/Piyo/2
      • Hoge/Piyo/3
      • Hoge/Piyo/4
      • Hoge/Piyo/5

Hoge が最上位の階層の"基底ページ"になります。FugaPiyoHoge のサブページです。Fuga は自身のサブページが3つあり、それぞれ1から3と番号がついています。Baz には自身のサブページが5つあり、1から5まで番号がついています。

用語[編集]

基底ページ(ベースページ、ルートページ)
各作品の最上位の階層のページ。一般にこれには、各サブページへのリンクがある目次が含まれることがあります。また、標題紙や扉絵など原作の冒頭部を含むこともあります。
サブページ(下位ページ)
基底ページの下にある各ページで、作品の章やその他の構成単位が含まれます。

サブページの使用法[編集]

サブページはウィキソースのMain名前空間で使い、1ページを管理できないほど大きくすることなく、1つの作品を1つの題名のもとで結合します。作品の章または節はサブページに分離すべきです。詩集や百科事典のようなコレクションでは、作品ごと、詩歌ごと、または項目ごとに分離すべきです。

サブページを使うことでウィキソースにおいてよりよい管理が可能になります。作品がよりよく体系化され、作品の個々のパーツを追跡する必要がありません。この方法で作品全体を管理するほうが容易です。たとえば、カテゴリへの分類とライセンス情報の付与は、個々にではなくむしろ基底ページのみ行う必要があります;1つの作業で作品全体を移動し、改題し、あるいは保守することができます;テンプレートもサブページをナビゲートしたり認識したりするように作成できます;ほかにもあります。

サブページをいつ使うか[編集]

章および節[編集]

例:

  • 私の本
    • 私の本/1章
    • 私の本/2章

コレクション[編集]

例e:

  • Yule Logs
    • Yule Logs/A Fighting Mermaid
    • Yule Logs/A Frenchman's Gratitude

定期刊行物[編集]

例:

  • Avon Fantasy Reader
    • Avon Fantasy Reader/1巻
      • Avon Fantasy Reader/1巻/The Voice in the Night
    • Avon Fantasy Reader/2巻
      • Avon Fantasy Reader/2巻/The Mirrors of Tuzun Thune
      • Avon Fantasy Reader/2巻/The Yellow Sign

サブページの作り方[編集]

まずは基底ページを作ることを提案します。基底ページには、全てのページを赤リンクで列挙すべきです。目次付きでスキャンした本を出版する場合、赤リンクはフォーマットの一部として追加してトランスクルージョンすべきです。それから赤リンクをクリックしてサブページを作成してください。

サブページとヘッダー部用テンプレート[編集]

サブページのヘッダー部用テンプレート
名前空間 テンプレート
Main {{subpage-header}}
作者 {{author subpage}}
Wikisource {{process subpage}}
Help
Portal {{portal subpage}}

サブページは基底ページほどの情報を表示する必要はありません。その結果、それ自身のヘッダー・テンプレートがあります。基本の{{header}}をサブページに使うこともでき、それを使うとその機能の一部が自動的に無効化されることに留意してください。

ヘッダー・テンプレートはサブページ間のナビゲーションに便利で、特に多くのサブページ(各章または各下位節に対するもの)が順番に並んでいる可能性が高いMain名前空間において役立ちます。previousnext引数は、前および次のサブページにリンクするために使うべきです。完全な絶対ウィキリンク[1]を使うことができますが、以下のショートカットを使うほうが単純であることがあります。「2章」という同じ基底ページのサブページにリンクするときは、相対ウィキリンクの[[../2章/]]を使うことができます。ほとんどの場合、title引数は完全な作品の名称にすべきで、基底ページに戻るウィキリンクにすべきです。繰り返しになりますが、完全な絶対ウィキリンクも使えますが、短い[[../]]というリンクも機能します。

他のサブページ・テンプレート[編集]

関数[編集]

  • {{Is subpage}}: 現在のページがサブページかどうかを検知するに使えます。

保守[編集]

  • {{Move to subpage}}: 他の基底ページのサブページであるべき基底ページに設置します。Merge subpagesにより補完します。
  • {{Merge subpages}}: (現時点では他の基底ページとなっている)サブページを持つべき基底ページに設置します。Move to subpageにより補完します。
  • {{Split}}: 長すぎるため、基底ページと1つ以上のサブページに分割すべき基底ページに設置します。

テンプレート上のサブページの検知および使用[編集]

マジック・ワード[編集]

以下の"マジック・ワード"変数はサブページに取り組む際に有用です。見本の結果は Hoge/Fuga/Piyo という名前のページ――サブページ Piyo は Fuga のサブページで、Fuga は Hoge のサブページ――に当てはまります。

マジックワード 機能 見本の結果
{{PAGENAME}} 完全なページ名を与える Hoge/Fuga/Piyo
{{BASEPAGENAME}} 現在のサブページの祖先にあたるページの名前をすべて与える Hoge/Fuga
{{SUBPAGENAME}} 現在のサブページの名称のみを与える Piyo

– 以下のコードの一部分は、{{BASEPAGENAME}}と{{PAGENAME}}が同じであるか(これは基底ページでのみ起こりうる)を確認することでページがサブページかどうかを検知します:

{{#ifeq:{{BASEPAGENAME}}
  |{{PAGENAME}}<!-- BASEPAGENAME = PAGENAME か確認-->
  |<!-- これが基底ページのとき -->
  |<!-- これがサブページのとき -->
}}

パーサー関数[編集]

パーサー関数#titleparts はページのタイトル部をより正確かつ柔軟に読み込みます。

{{#titleparts:ページ名|返すべきセグメントの数|返すべきセグメントの最初の部分}}

たとえば、サブページ Foo/Bar/Baz のページタイトル部の第3セグメントを読み込むには以下のようにします:

{{#titleparts:{{PAGENAME}}|1|3}} = Baz

この関数は255文字、24階層のサブページまで機能します。

留意点:{{#titleparts:{{PAGENAME}}|1|1}}は、基底ページかサブページかに関係なく、またサブページの階層がどれだけ深いかに関係なく、必ず基底ページの名称を与えます。これはマジック・ワード変数では実施できません。

– 以下のコードの一部分は、ページ名に少なくても第2パートが存在するか確かめることで、そのページがサブページかどうか検知することができます:

{{#if:{{#titleparts:{{PAGENAME}}|1|2}}<!-- これがサブページか確かめる -->
  |<!-- これがサブページのとき -->
  |<!-- これがサブページでないとき -->
}}

Notes[編集]

  1. "絶対"ウィキリンクはたとえば[[私の本/2章]]のようになります。これはウィキソース上のどこにいるかにかかわらず、必ず同じページにリンクします。"相対"ウィキリンクはたとえば[[../2章/]]のようになります。これは現在の親ページの「2章」というサブページにリンクします。もしも代わりに[[別の本/1章]]にいるときは[[別の本/2章]]にリンクします。