テンプレート:Proof/doc

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

使い方[編集]

{{proof|項目名}}

相互参照のために「項目名」を与えて下さい。項目名は定理であれば「th:定理番号」です(アンカーはこの場合「#pr:th:定理番号」で引きます)。

  • いくつかのセクションでサブアイテムが必要となるため, item 引数を設定してあります.
    {{proof|item=A}}
    とすれば [証(A)] と表示されます.
  • type 引数に none を与えると[証]を出力しません.solution または problem を与えると[解]と表示されます.それ以外,または省略すれば通常通り[証]とでます.

証明の最後には

{{proof-end}}

をつけて下さい.証明終の記号がある場合は

{{proof-end|mark=1}}

とします.


表示[編集]

{{proof|item=C}}証明C{{proof-end}}
[証(C)]
証明C
{{proof|type=none}}短い証明{{proof-end}}
短い証明
{{proof|type=solution}}問題の解法{{proof-end}}
[解]
問題の解法
{{proof|type=problem}}問題の解法{{proof-end}}
[解]
問題の解法


証明終のない場合[編集]

{{proof|th:7}}ほげほげほげ。{{proof-end}}
[証]
ほげほげほげ。

証明終のある場合[編集]

{{proof|th:8}}ふがふがふが.{{proof-end|mark=1}}
[証]
ふがふがふが.
(証終)