エズラ第一書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 そのときだい二のものすなはわうちからにつきてかたりしものはじ
2 『きみたちよ。うみりくとそのなかのすべてのものをおさむるはそのちからすぐれずや。
3 されどわうもつとつよし。かれはかれらのしゆにして、かれらをおさめ、いかなることにてもかれらにめいじ、かれらはこれにしたがふ、
4 かれたがひたゝかへといはば、かれらたゝかはん。またかれらてきもとつかはさば、きて、やまをも、いしがきをも、たふをもこぼたん。
5 かれらはころすにもころさるるにもわうめいそむかず。かれらもししようりなば、ぶんどりもののみならずほかのすべてのものをも、わうもとたつさきたらん。
6 いくさびとにあらず、たゝかひかゝはりなく、たがやすものもまたおなじ。そのきしものをふたゝらば、みなこれをわうもとたつさきたり、これにみつぎをさめん。
7 げにかれゆゐいつひとなり。かれころせといはばかれころし、ゆるせといはばゆろし、
8 てといはばち、あらせといはばあらし、きづけといはばきづき、
9 れといはばり、ゑよといはばゑん。
10 かくたみみいくさみなかれしたがふ。かつかれよこたはり、くらひて、いこひをなす。
11 かれかれのまはりをみはり、なにびとらずしてそのつとめつくし、またこと〴〵かれしたがふ。
12 きみたちよ。かくひと〴〵々にしたがはるれば、わうこそもつとつよものにあらずや。』かくいひてもだしぬ。

13 つぎに、をんなしんりにつきてかたりしだい三のものすなはちゼルバベル)かたはじ
14 『きみたちよ。わうおほいにして、ひとおほく、さけまたつよからずや。されどこれらをさめ、そのうへつは、をんなにあらずしてなにものぞ。
15 をんなわうを、またうみりくとををさむるたみむ。
16 げにかれらはをんなよりづ、をんなさけづるぶどうぞのつちかひと〴〵々をやしなそだつ。
17 かれらはまたひとのためにいふくつくり、ひとくわうえいくはふ。をんななくしてひとざるなり。
18 ひともし、きんぎんおよびそのほかきものをにし、しとやかにしてうつくしきをんななば、
19 これらのものをこと〴〵いだしてそのをんなとれ、くちひらきたるままをこれにそゝぎ、きんぎんまたはいかなるきものにもまさりてこれをわがものとせんとす。
20 ひとかれそだてしおのちゝおのくにとをはなれてそのつまく。
21 またそのつまともしやうがいすごし、ちゝをもはゝをも、くにをもわする。
22 これによりてなんぢら、をんななんぢらををさむるをるべし。なんぢらははたららうしてをんなもとにすべてのものをたづさくにあらずや。
23 ひとつるぎり、かすめ、ぬすまんがためとほき、うみかはとにふなです。
24 またしゝくらやみあゆみ、ぬすみ、かすめ、うばひしものをそのこひびともとたづさく。
25 ひとちゝはゝまさりてつまあいす。
26 おほくのひとをんなのためにまどはされてそのどれいとなる。
27 おほくのひとをんなのためにほろび、つまづき、またつみをかせり。
28 なんぢいまわれしんぜざるか。わうはそのちからおいおほいならずや。すべてのりようどかれるるをおそれざるや。
29 されどわれわうわうそばめアパメ、すなはたふときバルタコのむすめわうみぎするをしに、
30 かのをんなわうかしらよりかんむりりてこれをおのかしらいたゞき、そのひだりてをもてわうちぬ。
31 しかるにわうはそのときこれにみとれ、くちひらききたるままにてこれをながめ、かのをんなわらへばかれわらひ、かのをんなまゆひそむれば、なぐさめんとてこれにへつらひぬ。
32 きみたちよ。かれらがかくするをて、いかでをんなつよからずといふをんや。』

33 そのときわうきぞくたちたがひみまはしたれば、かれしんりにつきてかたはじ
34 『きみたちよ。をんなつよからずや。おほいにしててんたかく、すみやかにそのみちはしる。すなはてんまはりめぐりて、一にちにしてふたゝおのところかへる。
35 これらのものをつくたまものおほいならずや。げにしんりおほいにしてすべてのものよりもつよし。
36 ぜんちしんりむかひてよばはり、てんはこれをしゆくふくす。すべてのわざふるをのゝけど、しんりにはたゞしからぬもの一つだになし。
37 さけたゞしからず、わうたゞしからず、をんなたゞしからず、すべてのひとらもたゞしからず、またかれらのわざたゞしからず。かれらのうちにはしんりなく、そのふぎによりてみづかほろぶ。
38 されどしんりのこりて、つねつよく、またちてとこしへに至らん。
39 しんりひとかたよず、またさべつをなさず、すべてのふぎあくとをはなれておこなふ。すべてのひとそのわざをよろこぶなり。
40 またしんりさばきうちふぎなし。しんりこそよろづよわたりてちからたりくにたりけんたりたるなれ。ああしゆくすべきかなしんりかみ。』
41 かくいひてかれくちづ。そのときすべてのたみさけびていへり『しんりおほいにしてすべてのものよりもつよし。』

42 ここにおいわうかれにいふ『なににてもなんぢしるししところまさりたるなんぢほつするものをもとめよ。われらこれをあたへん。なんぢもつとかしこしとられたれば、わがじせきしてわがいとこばるべし。』
43 そのときかれわうにいへり『なんぢちかひおぼたまへ。なんぢくにきたたまひしときなんぢちかひて、エルサレムをつることと、
44 エルサレムよりたづさられしすべてのうつわものすなはちクロスがバビロンをほろぼして、ふたゝびこれをかしこおくらんとちかひしときわかきしところのものをおくかへすことをやくたまへり。
45 なんぢまた、ユダヤがカルデヤびとによりてらされしとき、エドムびとはらひしみやつることをちかたまへり。
46 さればいましゆなるわうよ。わがなんぢもとむるところ、わがなんぢねがところは、なんぢよりづるくわんだいほかならず。さればふ、なんぢちかひげ、なんぢくちをもてでんわうちかたまひしところはたたまへ。』

47 そのときダリヨスわうちてかれくちつけし、かれのために、すべてのこくわんはうはくしやうぐんそうとくふみしるして、かれらが、かれおよびエルサレムをきづかんとてかれともくすべてのひと〴〵々を、あんぜんにそのみちかしめんことをめいじたり。
48 かれまたケレスリヤおよびピニケにるすべてのはうはくおよびレバノンにものて、レバノンよりすぎをエルサレムにたづさきて、かれともまちきづけとおくれり。
49 しかのみならずかれ、そのりようどりてユダヤにおもむくすべてのユダヤびとのために、そのじいうにつきておくれり。すなはやくにんそうとくはうはくこくわんも、ひてかれらのうちることなく、
50 かれらのものとなりしすべてのくにみつぎゆるされ、そのときエドムびとたもりしユダヤびとむら〳〵かれらにへされ、
51 またみやしゆんこうまでかれらはとしごとにそのけんちくのために二十タラントをあたへられ、
52 また十七はんさいさゝぐべきいましめあれば、ひゞだんうへさゝげらるべきそれらはんさいのために、としごとの十タラントをあたへられ、
53 またまちてんとてバビロンよりきたるすべてのものは、かれらのみならず、かれらのしそんも、ともきたりしさいしたちも、みなそのじいうあたへられんがためなり。
54 かれまたかれらのふたんきんと、さいしたちがそれによりてつかへまつるさいふくかれらにあたへんことをおくり、
55 レビには、みやこうじをはりてエルサレムのきづかるるまで、そのふたんきんあたへんことをおくれり。
56 またかれまちまもりしものに、とちはうしうとをあたへんことをおくれり。
57 かれまたクロスがわかきしすべてのうつわものをバビロンよりおくかへへしぬ。またクロスがめいぜしことをばすべてじつかうせしめ、これをエルサレムにおくるべきことをめいじたり。

58 わかものそこをでしとき、エルサレムにむかひて、かほてんげ、てんわうさんびしていへり。
59 『しようりなんぢよりきたる。ちゑなんぢよりきたる。またえいくわうなんぢのもの、われなんぢしもべなり。
60 しゆくすべきかな、われちゑあたたまへるなんぢ。われなんぢかんしやす。われらせんぞたちのしゆよ。』
61 かくてかれそれらふみをとりてで、バビロンにきたりて、すべてこれをそのきやうだいたちにかたりしに、
62 かれらもそのせんぞたちのかみめたたへたり。そはしゆかれらにじいうかいはうとをあたへてかしめ、
63 エルサレムと、しゆみなによりてばるるみやとをてしめたまへばなり。かくてかれなりものよろこびとをもてなぬかあひだこれをしゆくせり。