エズラ第一書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 のちそうけちやうらそのやからしたがひてえらばれ、そのつまむすこむすめらともに、しもべはしためかちくなどをたづさへてけり。
2 ダリヨスは千にんきへいつかはして、かれらあんぜんにエルサレムにかへくまでともらしめ、またがくきつゞみふえなどをたづさへしめたり。
3 そのきやうだいたちみながくそうせしが、かれはこれをかれらとともかしめたり。

4 これはそのそうそぐうちそうけしたがひ、もろ〳〵わかちしたがひてきたるひと〴〵々のなり。
5 さいしピネハスのらとアロンのら、サライヤのなるヨセデクのイエス、ユダぞくのパレのちすぢなるダビデのサラテエルのなるゼルバベルのヨアキム。
6 かれはペルシヤわうダリヨスのちせいだいねん、ニサンのつきすなはしやうぐわつに、わうまへにてちゑことばかたりたり。
7 またこれは、バビロンのわうネブカデネザルによりバビロンにともなきたられ、たこくにんとしてそこにみし、とらはれうちよりのぼりしユダヤのひと〴〵なり。
8 かれらはエルサレムに、またユダヤのうちに、おの〳〵おのまちににかへれり。すなはかれらはそのしだうしやゼルバベル、イエス、ネヘミヤ、ザライヤ、レサイヤ、ヨネネオ、アルドケオ、ベエルサロ、アスパラソ、レエリヤ、ロイモ、およびバアナととものぼりしなり。
9 たみとそのしだうしやすうはこれなり。ポロのしそんは二千百七十二にん、サパテのしそんは四百七十二にん
10 アレのしそんは七百五十六にん
11 パアテ・モアブのしそん、イエスとヨアブのしそんは二千八百十二にん
12 エラムのしそんは一千二百五十四にん、ザトイのしそんは九百四十五にん、コルベのしそんは七百五にん、バニのしそんは六百四十八にん
13 ベバイのしそんは六百二十三にん、アスタデのしそんは一千三百二十二にん
14 アドニカムのしそんは六百六十七にん、バゴイのしそんは二千六十六にん、アデヌのしそんは四百五十四にん
15 エゼキヤのアテルのしそんは九十二にん、キランとアゼタのしそんは六十七にん、アザルのしそんは四百三十二にん
16 アンニのしそんは百一にん、アロムのしそん、バサイのしそんは三百二十三にん、アルシプリテのしそんは百十二にん
17 バイテロのしそんは三千五にん、ベテロモンのしそんは百二十三にん
18 ネトパのものは五十五にん、アナトテ、のものは百五十八にん、ベタスモテのものは四十二にん
19 カリアテアリオのものは二十五にん、カピラとベロテのものは七百四十三にん
20 カデアサとアンミデオのものは四百二十二にん、キラマとガベのものは六百二十一にん
21 マカロンのものは百二十二にん、ベトリオンのものは五十二にん、ニピのしそんは百五十六にん
22 カラモラロとオノのしそんは七百二十五にん、エレクのしそんは三百四十五にん
23 サナアのしそんは三千三百三十にん
24 さいしはサナシブのしそんうちのイエスのなるエドのしそん九百七十二にん、エンメルテのしそん一千五十二にん
25 パスロのしそん一千二百四十七にん、カルメのしそん一千十七にん
26 レビびとはイエスとカドミエルとバンナとスデヤのしそん七十四にん
27 せいかたいものはアサフのしそんひやく二十八にん
28 もんゑいはサルムのしそん、アタルのしそん、トルマンのしそん、ダクビのしそん、アテタのしそん、サビのしそん、すべてひやく三十九人。
29 みやづかへはエサウのしそん、アシパのしそん、タバオテのしそん、ケラのしそん、サウのしそん、パレアのしそん、ラバナのしそん、アガバのしそん
30 アクドのしそん、ウタのしそん、ケタブのしそん、アカバのしそん、スバイのしそん、アナンのしそん、カトアのしそん、ゲドルのしそん
31 ヤイロのしそん、ダイサンのしそん、ノエバのしそん、カセバのしそん、ガゼラのしそん、オジアのしそん、ピノエのしそん、アサラのしそん、バスタイのしそん、アサナのしそん、マアニのしそん、ナピシのしそん、アクブのしそん、アキパのしそん、アスルのしそん、パラキムのしそん、バサレムのしそん
32 メエダのしそん、クタのしそん、カレアのしそん、バルクのしそん、セラルのしそん、トメイのしそん、ナシのしそん、アテパのしそん
33 ソロモンのしもべしそんは、アサピオテのしそん、パリダのしそん、エーリのしそん、ロゾンのしそん、イスダエルのしそん、サプテのしそん
34 アギヤのしそん、パカレテのしそん、サビエのしそん、サロテエのしそん、マシヤのしそん、ガスのしそん、アドのしそん、スバのしそん、アペラのしそん、バロデのしそん、サパテのしそん、アルロンのしそん
35 みやづかへとソロモンのしもべらはすべて三百七十二にん
36 かれらはみなテルメレツとテレルサよりカラアタランとアルラルにみちびかれてのぼきたれり。
37 かれらはそのかぞくまたちすぢにつきて、そのいかにイスラエルよりでしかをしめあたはざりき。バンのなるダランのしそんとネコダンのしそんは六百五十二にんなり。
38 そのさいしたるしよくゐわうりやうせしさいしたちにてみいだされざりしは、オブデアのしそん、アコスのしそん、ゾルぜレオのむすめたちのひとりなるアウギヤをめとり、かれをもてばれたるヤドのしそんなりき。
39 これらひと〴〵々のしんせきこうもくの、きろくぼうちさぐりてみいだされざりしものは、さいしげんしよくよりしりぞけられたり。
40 そはネヘミヤとアタリヤかれらむかひて、ウリムとトンミムをけたるだいさいしおこるまではせいむにたづさはるなといひたればなり。
41 かくイスラエルのすべてのひと〴〵々は、しもべはしためのぞきて、十二さいいじやうのもの四まん二千三百六十にんたつしたり。
42 しもべはしためは七千三百三十七にんがくじんかしゆは二百四十五にん
43 らくだ四百三十五、うま七千三十七、らば二百四十五、だば五千五百二十五。
44 かれらのそうけちやうたるひと〴〵あるもの、エルサレムにあるかみみやきたりしときかれらのちからおうじてもとところふたゝいへてんことをちかひ、
45 またそのわざのために、みやくらきん一千きんぎん五千きんおよさいふくひやくかさねをさむることをやくしたり。
46 かくてさいしたちとレビびとたみうちなるあるものおよせいかたいのものともんゑいらはエルサレムとそのちはうみ、すべてのイスラエルびとはそのむら〳〵々にめり。

47 されど七ぐわつちかづきてイスラエルのみなおのところにありしときひと〴〵一つとなりてひがしめんしたるだい一のもんまへひろばあつまりぬ。
48 そのときヨセデクのイエスとそのきやうだいなるさいしたち、サラテエルのゼルバベルとそのきやうだいたち、イスラエルのかみさいだんそなへ、
49 かみひとモーセのふみあきらかにめいぜられたるところしたがひて、そのうへはんさいそなへたり。
50 またそのほかくにたみひと〴〵かれらもとあつまりて、おのところさいだんきづきぬ。そはそののすべてのくにたみかれらにてきたいし、かれらをおさへたればなり。かれらはときしたがひていけにへそなへ、あさゆふともはんさいしゆさゝげたり。
51 かれらまたおきてめいぜられしごとかりいほまつりおこなひ、さだめられたるごとひゞいけにへさゝげたり。
52 またこののちつねそなへものあんそくにちしんげつおよびすべてのせいさいいけにへそなへぬ。
53 かみみやいましゆんこうせざりしがかみたいしていかなるぜいやくにてもなしたるものは、七ぐわつついたちより、いけにへをささげはじむ。
54 かれまたいしくおよたくみかねあたへ、
55 シドンとツロよりきたりしひと〴〵々にのみものとくひもの、およくるまあたへたり。これペルシヤわうクロスによりてかれらのためにしるされたるめいれいしたがひ、レバノンよりすぎたづさきたり、これをいかだにてヨツパのみなとまではこばしめんがためなり。
56 エルサレムのかみみやきたりてのちだいねんの二ぐわつに、サラテエルのゼルバベルとヨセデクのイエスとかれらきやうだいたち、さいしとレピびとまたとらはれよりエルサレムにかへきたりしすべてのひと〴〵こうじはじめ、
57 かれらがユダヤとエルサレムにきたりしだいねんの二ぐわつついたちに、かみみやいしずゑゑたり。
58 かれらまた二十さいいじやうのレビびとしゆわざにんじたり。そのとき、イエスちあがり、そのらときやうだいたち、そのきやうだいカドミエル、エマダブンのら、イリアドンのなるヨダのら、及びかれららときやうだいたち、すべてのレビびとみなひとこゝろにてこうじりかかり、かみいへわざすゝむるためにらうしたり。かくていへつくりらしゆみやてたり。
59 さいしたちはさいふくまとひ、がくきとラツパをもて、またアサフのらなるレビびとらはねうはちをもて、
60 イスラエルのわうダビデのめいぜしごとく、かんしやうたをうたひ、しゆさんびしたり。
61 かれらたからかにうたひ、かんしやうたをもてしゆたゝへたり。そはしゆうるはしさえいくわうぜんイスラエルのうへとこしへにあればなり。
62 すべてのたみはラツパをらし、たからかにこゑげて、しゆいへのわざのためにしゆむかひ、かんしやうたうたへり。
63 さいし、レビびとそうけちやうらうちさきいへたりしおいびとありけるが、たてものきたりてかなしまたいたくけり。
64 されどおほくのひと〴〵はラツパをもちひ、よろこびておほこゑさけびぬ。
65 ひと〴〵たみこゑとラツパとをきわくることあたはざるほどなりき。そはぐんしゆうはなはだしくラツパをらして、そのこゑとほくよりかれたればなり。

66 ユダとベニヤミンのやからてきたるものどもこれをきしとき、ラツパのひゞきのゆゑをりぬ。
67 すなはかれら、それはとらはれよりかへきたりしひと〴〵イスラエルのかみなるしゆみやつるなるをさとれり。
68 さればかれらゼルバベルとイエス、およそうけちやうらところきてこれにいふ『われらもなんちらとともてん。
69 われらもなんぢらとおなじく、なんぢらのしゆしたがひ、われらをここにきたらしめしアツスリヤのわうアスバサレテのときよりこれにいけにへをささぐ。』
70 ゼルバベルとイエス、およびイスラエルのそうけちやうらこれにこたふ『なんぢらはわれらのかみなるしゆいへつべきにあらず。
71 われらはペルシヤわうクロスのわれらにめいぜしごとく、われらのみにてイスラエルのしゆいへてん』と。
72 されどそのいけうとらユダヤのひと〴〵おさへ、これをかこみて、そのこうじさまたげぬ。
73 またそのひそかなるはかりごとときすゝめさわぎとをもて、クロスわうけるあひだつねにこれをさまたげたり。さればかれらはダリヨスのちせいいたるまで二にんあひだそのこうじさまたげられたり。