エズラ第一書 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 ここにダリヨスわうおほいなるきやうえんもよほして、そのすべてのしん、そのいへうまれしすべてのもの、メデヤおよびペルシヤのすべてのきみたち、
2 インドよりエテオピアにいたるまで二百十七しうの、かれもとなるすべてのそうとくしやうぐんおよはうはくまねけり。
3 かれらいんしよくし、りていへかへりしとき、ダリヨスわうそのしんしついたりてねしが、やがてねむりよりめぬ。

4 そのときわうまもりし三にんわかじゑいたちたがひひぬ
5 『いざわれおの〳〵もつとつよひとつのものにつきていはん。そのことばのものにまさりてかしこしとゆるものに、ダリヨスわうおほいなるしやうよゆうしようしるしとしておほいなるめいよあたへ、
6 これにむらさきころもせ、きんさかづきにてませ、きんとこさせ、きんはみあるくるまあさづきんおよくびわあたへん。
7 かれそのちゑゆゑにダリヨスのじせきし、ダリヨスのいとこばれん。』
8 そのときかれらおの〳〵そのことばしるし、これをふうじて、ダリヨスわうまくらしたく。
9 かれらいひけるは『わうたまはんときひとりかれしるしたるものをわたさん。しかしてわうと三にんきみたちとに、そのことばもつとかしこしとはんだんせられしそのひとさだめられたるごとゆうしようしやとならん。』
10 だい一のものしるしぬ『さけこそもつとつよけれ。』
11 だい二のものしるしぬ『わうこそもつとつよけれ。』
12 だい三のものしるしぬ『をんなこそもつとつよけれ。されどさいごしようりるはしんりなり。』

13 わうまししときかれらしるしたるものをりてかれあたへければ、かれこれをみぬ。
14 しかしてかれつかひつかはしてペルシヤおよびメデヤのすべてのきみたちとそうとくしやうぐんはうはくおよたいくわんし、
15 おのれしんぱんしやせきしぬ。かくてしるしたるものかれらのまへまれぬ。
16 かれいへり『わかものたちをべ、かれみづかおのことばときあかすべし。』かれされたればきたりぬ。
17 そのひと〴〵かれらにいへり『なんぢらのしるししところしたがひてなんぢらのこゝろわれらにげよ。』

そのとききけちからにつきていひしだい一のものかたはじめて、
18 かくいふ『きみたちよ、さけはいかにつよきかな。それはこれをむすべてのひとあやまらしむ。
19 わうをもみなしごをも、どれいをもじしゆをも、めるものをもまづしきものをも、みなひとこゝろとなす。
20 それはいかなるおもひをもほがらかにし、たのしくし、かなしみをもふさいをもわすれしむ。
21 またそれはあらゆるこゝろましめ、わうをもそうとくをもわすれしめ、すべてのことをたいげんせしむ。
22 かれさかづきときともまたきやうたいたいするあいをもわすれ、ときにはつるぎをも
23 されどさけよりむるときは、おのがなせしことをおぼえず。
24 きみたちよ。かかることをなさしむるをれば、さけもつとつよきものにあらずや。』かくかたりてかれくちつぐみぬ。