エズラ第一書 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 さてダリヨスのちせいだいねんに、よげんしやアガイオと、アドのなるよげんしやザカリヤ、ユダヤとエルサレムのユダヤびとらよげんせり。すなはかれらイスラエルのかみなるしゆみなによりてかれらによげんせり。
2 そのときサラテエルのゼルバベルとヨセデクのイエスちて、エルサレムにしゆいへてしが、しゆよげんしやたちかれらとともにありてかれらをたすけぬ。
3 そのおなときスリヤとピニケのそうとくシシンネは、サテラブザネおよびそのともがらともきたりてかれらにいへり。
4 『たれきよかによりてなんぢらはいへやねて、またほかもろ〳〵ことをなすか。これのことをなすこうしたれなるか。』
5 されどユダヤびとちやうらうたちめぐみけぬ。そはしゆとらはれびとかへりたまひたればなり。
6 かれらはそのこうじさまたげられず、かれらにつきてダリヨスにふみたてまつりて、そのへんしよときにまでいたれり。

7 スリヤとピニケのそうとくシシンネ、およびサテラブザネがそのともがらなるスリヤおよびピニケのはうはくらともにダリヨスにおくれるふみうつし。『ダリヨスわうへいあんあれ。
8, 9 これらのすべてのことわうわがしゆられんことを。ユダヤのくにきたりて、エルサレムのまちりしにわれらエルサレムのまちおいて、とらはれよりかへきたりしユダヤびとちやうらうらいだされたるかうかなるいしいしがきうへかれたるもくざいとをもて、しゆのために、おほいなるあたらしきいへつるをたり。
10 しかしてそのこうじおほいなるはやさをもてされ、かれらのによりてしきりすゝめられ、あらゆるうやまひまごゝろとをもてげらる。
11 さればわれこれらちやうらうたちにひていへり「たれめいれいによりてなんぢいへて、こうじいしずゑうるや」と。
12 われらふみもつなんぢそうもんし、ことあたおもなるものなにびとなるかをなんぢらしめんがため、かれらにたゞし、おもなるひと〴〵つらぬることをめいじたり。
13 かれらわれらにこたふ「われらはてんちつくたまへるしゆしもべなり。
14 いへおほくのとしまへつよおほいなるイスラエルのわうによりててられ、かつまつたうせられたり。
15 されどわれらのふそたちてんいますイスラエルのしゆさからひてつみをかし、そのみいかりおこせるときしゆこれをバビロンのわう、カルデヤびとわうネブカデネザルのわたたまへり。
16 かれらいへたふしてこれをき、ひと〴〵とりこにしてバビロンにたづさけり。
17 されどクロス、バビロンこくをさめしだいねんに、クロスわうふみをもていへつることをゆるしたり。
18 またネブカデネザルがエルサレムのいへよりはこいだしておのみやけしきんぎんせいきをば、クロスわうバビロンのみやよりふたゝいだしてこれをゼルバベルとつかさサナバサロにわたし、
19 これらのすべてのうつわものたづさき、これをエルサレムのみやゑ、そこにしゆみやてよとめいたまへり。
20 さればサナバサロこゝきたりて、エルサレムにしゆいへいしずゑゑたり。そのときよりいまいたるまでこれをてつつありしがなほいまをはらざるなり」と。
21 さればわうよ。みこゝろにかなはば、バビロンにわれらのしゆなるわうわうしつきろくしらべしめたまへ。
22 しかしてもしエルサレムにしゆいへけんちくクロスわうきよかをもてされしことみいだされなば、われらのしゆなるわうみこゝろもて、これをわれらにあかしたまへ。』

23 そのときダリヨスわうめいじてバビロンにほぞんされたるきろくさぐらしめしに、メデヤしうのエクバタナきゆうでんおいて、これらのことのしるされたるまきものみいだされぬ。
24 『クロスわうだいねんに、クロスひと〴〵えざるをもていけにへさゝげんために、エルサレムなるしゆいへつることをめいじたり。
25 そのいへたかさを六十キユビト、ひろさを六十キユビトにし、おほいしみならびとそのくににひきひとならびとをもてつくらるべし。そのこうひはクロスわういへよりきふせらるべし。
26 またネブカデネザルがエルサレムのいへよりりてバビロンにはこきししゆいへせいききんぎんともエルサレムのいへに、そのもとありしところかるべし』と。
27 さればかれスリヤおよびピニケのそうとくシンシネとサテラブザネ、およびそのともがらまたスリヤおよびピニケのきみたちにめいじて、そのところみださず、しゆしもべゼルバベルとユダヤのつかさとユダヤびとちやうらうたちに、そのところしゆいへてしめたり。
28 『われまたそのさいこんまつたうせんことをめいず。しゆいへこうじをはるまで、かれつとめてこれをみまもり、ユダヤのとらはれびとらをたすくべし。
29 またケレスリヤおよびピニケのそぜいいちぶしゆいけにへのために、すなはこうしをひつじおよこひつじのために、こゝろしてこれらひと〴〵に、ことにつかさゼルバベルにあたへらるべし。
30 またこくもつしほさけあぶらとしごとたず、エルサレムにさいしたちがひゞようのためにこれをもとむるときなにごとをもはずしてあたへよ。
31 またかれらをしてくわんさいをいとたかかみさしげしめ、わうとそのこらのために、すなはかれらのいのちのためにいのることをしめよ。
32 めいれいうちしるされたるいかなることにてもこれををかし、もしくはなほざりにするものは、たれにもせよ、おのいへよりいだされて、そのうへげられ、またそのすべてのもちものわうのためにぼつしうせらるべし。
33 さればひと〴〵のそのみなばはるしゆは、エルサレムにけるしゆいへべてさまたまたこぼものこと〴〵ほろぼたまはん。
34 われダリヨスわう、これにしたがひてすみやかにおこなはんことをめいず。』