エズラ第一書 第七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第七章[編集]

1 そのときケレスリヤおよびピニケのそうとくシシンネとサテラブザネ、そのともがらともにダリヨスわうめいしたがひ、
2 こゝろしてみやこうじみはり、ユダヤびとちやうらうらみやづかさとをたすけたり。
3 かくてよげんしやアガイオおよびザカリヤのよげんあひだに、みやこうじすゝみぬ。
4 かれらこれのことを、ペルシヤのしよわうクロス、ダリヨス、およびアルタシヤスタのきよかをもて、イスラエルのかみなるしゆいましめしたがひてをはりぬ。
5 かくてそのいへダリヨスわうだいねん、アダルのつきの二十三にちらくせいせり。
6 イスラエルのら、さいし、レビびとおよとらはれよりかへきたりてくはへられしひと〴〵モーセのふみしるされたるところしたがひておこなひぬ。
7 しゆみやせいべつれいかれらをうし百、をひつじ二百、こひつじひやくさゝげ、
8 また十二のをやぎをばイスラエルのつみのために、イスラエルのもろ〳〵やからの十二のきみたちかずしたがひてさゝげぬ。
9 さいしとレビびとまたさいふくまとひ、そのわかちしたがひてち、モーセのふみしたがひて、イスラエルのかみなるしゆつかへぬ。またもんゑいらおの〳〵そのもんまもりぬ。

10, 11 またとらはれよりかへきたれるイスラエルのこらは、しやうぐわつの十四に、さいしとレビびとおよとらはれよりかへきたれるひと〴〵の、ともせいぺつせられしときすぎこしさいおこなひぬ。そはかれせいべつせられたればなり。レビびとみなともせいべつせられたり。
12 かれらはとらはれよりかへきたれるすべてのひと〴〵とそのきやうだいなるさいしたち、およおのれらのためにすぎこしさゝげたり。
13 しかしてとらはれよりかへきたれるイスラエルのらこれをしよくせり。すなはちそれはおのれをそのいけうとにくむべきものよりきよわかちて、しゆもとめしすべてのひと〴〵なり。
14 またかれらはなぬかあひだじよこうさいまもり、しゆみまへたのしめり。
15 そはしゆアツスリヤのわうはかりごとかれらにけしめ、イスラエルのかみなるしゆわざかれらのつよたまひたればなり。