エズラ第一書 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 これらのことののち、ペルシヤわうアルタシヤスタをさめしとき、エズラきたりぬ。のエズラはアザライヤの、アザライヤはゼクリヤの、ゼクリヤはヒルキヤの、ヒルキヤはサレムの
2 サレムはサドクの、サドクはアヒトブの、アヒトブはアマリヤの、アマリヤはオジヤの、オジヤはメメロテの、メメロテはザライヤの、ザライヤはサビヤの、サビヤはボカの、ボカはアビサイの、アビサイはピネハスの、ピネハスはエレアザルの、エレアザルはだいさいしアロンのなり。
3 のエズラは、イスラエルのかみによりてあたへられたるモーセのおきてせいつうしたるがくしにして、バビロンよりのぼきたれるなり。
4 わうかれめいよあたへたり。そはかれむとむるところすべてそのこころかなひたればなり。
5 イスラエルのらとさいしとレビびとせいかたいのもの、もんゑいみやづかへうちあるものかれともにエルサレムにおもむきぬ。
6 これはわうだいねんの五ぐわつなりき。かれらはしやうぐわつついたちにバビロンよりで、しゆかれのためにあたたまひしあんぜんなるたびぢたどりてエルサレムにきたれり。
7 エズラはいとおほいなるじゆくれんちたれば、しゆおきていましめとをすこしもをかさず、ぜんイスラエルにみことのりさばきとををしへたり。

8 さてアルタシヤスタわうより、しゆおきてらうどくしなるさいしエズラにおくられたるゐにんじやううつしはこれなり。
9 『アルタシヤスタわうよりしゆおきてらうどくしなるさいしエズラにふみおくる。
10 われくわんだいとりあつかひをなすことにけつしたれば、めいじて、ユダヤびとさいしとレビびとおよびわがりやうどないにあるかれらくにびとうちのぞものなんぢともにエルサレムにかしむ。
11 われとわがともなる七にんぎくわんしとえたれば、これをのぞものみななんぢともくべし。
12 かれらはしゆおきてしるされしところらしてコダヤおよびエルサレムのありさましさつし、
13 またわれとわがともらやくせしイスラエルのしゆへのさゝげものをエルサレムにはこぶべし。またバビロンぜんしうみいださるる、エルサレムにけるしゆのための、すべてのきんぎん
14 およびエルサレムにあるかれらかみなるしゆみやのためにひと〴〵あたへたるもの、すなはをうしをひつじこひつじのためのきんぎんと、これにかゝはりあるものをこと〴〵あつめ、
15 かれらをしてエルサレムにあるかれらのかみなるしゆさいだんうへに、しゆむかひていけにへさゝげしむべし。
16 またなんぢなんぢきやうだいきんぎんをもてさんとおもふことは、なににてもこれをなんぢかみみこゝろしたがひてなせ。
17 またエルサレムにあるなんぢかみみやようのためになんぢあたへられたるしゆせいき
18 またなんぢかみみやようのために、なんぢおもいだすものはなににてもわうくらよりりてあたふべし。
19 またわれアルタシヤスタおうはスリヤおよびピニケにけるこくわんらに、いとたかかみおきてらうどくしなるさいしエズラがもとむるものはすみやかにこれをあたふべきことをめいじたり。
20 そのがくぎん百タラント、こむぎこくさけひやくとまたしほはかりなかるべし。
21 かみおきてしたがひていとたかかみすみやかにすべてのことをなすべし。これわうとそのらのくにうへみいかりのぞまざらんためなり。
22 われまたなんぢめいず。ぜいまたふたんさいしとレビびとせいかたいのもの、もんゑいみやづかへまたみやのためにやとはれたるひと〴〵くわすべからず。なにびとかれらにくわぜいするけんりなし。
23 またなんぢエズラは、かみちゑしたがひてつかさおよさばきびとて、スリヤおよびピニケにけるなんぢかみおきてるすべてのものさばかしむべし。またこれをらぬものをばなんぢをしふべし。
24 なんぢかみおよわうおきてをかものは、しけいもしくはけいばつばつきんもしくはとうごくによりてばつせられん。』

25 そのときがくしエズラいへり『しゆくすべきかな、わがふそかみなるゆゐいつしゆしゆはエルサレムにあるそのいへえいくわうせんがため、これらのことをわうこゝろれ、
26 わうとそのぎくわんおよびそのすべてのともきぞくまへにてわれほまれあたたまへり。
27 さればわれ、わがかみなるしゆみたすけによりてはげまされ、イスラエルのうちよりわれともひと〴〵あつめたり。
28 これはアルタシヤスタのちせいに、そのそうけしたがひ、わかちしたがひて、われともにバビロンよりのぼきたりしものちやうなり。
29 ピネハスのしそんうちにてはゲルソン、イタマルのしそんうちにてはガマエル、ダビデのしそんうちにてはセケニヤのアド、
30 ポロのしそんうちにてはザカリヤ。かれともなるをとこ百五十にんかぞへらる。
31 パアテ・モアブのしそんうちにてはザライヤのエリヤオニヤ、かれともなるをとこ二百にん
32 ザトエのしそんうちにてはエゼロのセケニヤ、かれともなるをとこ三百にん、アデンのしそんうちにてはヨナタンのかれともなるをとこ二百五十にん
33 エラムのしそんうちにてはゴトリヤのエシヤ、かれともなるをとこ七十にん
34 サパテヤのしそんうちにてはミカエルのザライヤ、かれともなるをとこ七十にん
35 ヨアブのしそんうちにてはエゼロのアバデヤ、かれともなるをとこ二百十二にん
36 バニヤのしそんうちにてはヨサピヤの子サリモテ、かれともなるをとこ百六十にん
37 バビのしそんうちにてはベバイのザカリヤ、かれともなるをとこ二十八にん
38 アスタテのしそんうちにてはアカタンのヨアンネ、かれともなるをとこ百十にん
39 さいごのアドニカムのしそんうちにては、(これはそのなり)エリパラト、ゲウエル、サマイヤ、かれらとともなるをとこ七十にん
40 バゴのしそんうちにてはイスタルクロのウテ、かれともなるをとこ七十にん

41 われかれらをテラとばるるかはのほとりにあつめ、三あひだてんまくりて、これをけみせり。
42 しかるにさいしとレビびとうちたれえざりしかば、
43, 44 つかひつかはしてエレアザル、イドエル、マアスマ、エルナタン、サマイヤ、ヨリブ、ナタン、エンナタン、ザカリヤ、およびモソルラモ、すなはおもなるひと〴〵さとりあるひと〴〵まねけり。
45 しかしてわれかれらにひて、くらところりしたいちやうロデオのもとかしめ、
46 これにめいじてロデオとそのきやうだいおよびそのところこくわんかたりて、われらのしゆいへおいさいしつとめおこなひと〴〵われらにつかはさしめたり。
47 われらしゆちからあるみてをもてかれらのともなきたれるは、イスラエルのなるレビの、モオリのしそんうちよりさとりあるひと〴〵、アセベビヤとそのら、およきやうだい十八にん
48 アセビヤおよびカンヌネオのらなるアンヌオとそのきやうだいオサイヤ、かれらら二十にん、ダビデおよをさたるひと〴〵がレビびとつとめのためにさだめたるみやづかへうちよりの二ひやく二十にんみやづかへにして、そのへうにてしめさる。
50 われわかひと〴〵のためにわれらしゆみまへだんじきちかひ、われらとわれらのら、およわれらとともにあるかちくのためにあんぜんなるたびぢしゆへり。
51 そはわれわうわれらのてきたいしてわれらをまもらしめんがため、ほへいきへいとをふをぢたればなり。
52 われわうに、われらしゆみちからしゆもとむるひと〴〵ともにあり、すべてのみちおいかれらをさゝたまはんといへり。
53 われまたこれらのことにつきてわれらしゆに求め、しゆわれらをかへりたまふことをれり。
54 かくてわれさいしをさたちのうち十二にん、エセレビヤとアサメミ、およかれらとともなるかれらのきやうだいにんわかち、
55 わうとそのぎくわんきぞくおよぜんイスラエルのあたへたるわれらしゆいへきんぎんおよせいきはかれり。
56, 57 われこれをはかりしときぎん六百五十タラントおよび百タラントのぎんうつわものきんひやくタラントときんうつわもの二十、きんごとかゞやせいせいせるしんちゆううつわもの十二をかれらにわたせり。
58 しかしてわれかれらにいへり「なんぢらしゆにありてせいなるがごとこれらうつわせいなり。またきんぎんわれらのふそしゆなるしゆたいするさゝげものなり。
59 さればなんぢら、これをエルサレムにあるわれらしゆいへへやさいしとレビびとをさたちに、またイスラエルのそうけちやうたるひと〴〵わたすまで、こゝろしてまもれ」
60 かくてきんぎんおよびエルサレムにありしもろ〳〵うつわものけ、これをしゆみやたづさけり。

61 われしやうぐわつの十二にちにテラかはりてエルサレムにきたるまでしゆちからあるみてわれらとともにありき。しゆわれらをとちゆうこうげきより、すべてのてきよりすくたまひたればわれらエルサレムにきたれり。
62 われら三そことゞまりてきんぎんはかり、四かめにこれをウリヤのなるさいしマルモテにわたしたり。
63 かれともにありしはピネハスのエレアザルにて、かれらとともにありしはイエスのヨサバデとサバンノのモエテ、およびレビびとらなりき。すべてのものかぞへられ、はかられてかれらわたされぬ。
64 どうじこれらのもののすべてのおもしるされたり。
65 かつとらはれよりかへきたれるひと〴〵イスラエルのかみなるしゆいけにへさゝげたり。すなはぜんイスラエルのためにをうし十二、をひつじ九十六、こひつじ七十二、
66 なだめそなへものとしてやぎ十二、これらはすべてしゆたいするいけにへなり。
67 かれらまたわうみことのりわうだいくわんに、またケレスリヤとピニケのそうとくわたしぬ。かくてかれらたみしゆみやとをあがあたり。

68 さてこれらのことなされしときをさたるひと〴〵わがもときたりていへり。
69 「イスラエルのくにびときみたち、さいしとレビびとかれらのうちよりことなるたみらしめず、またいはうじんすなはちカナンびと、ヘテびと、ペリジびと、エブスびと、モアブびと、エジプトびとおよびエドムびとけがれのぞかざるなり。
70 かれらとかれらのらは、そのむすめたちをめとり、きよたねことなるたみまじれり。ことはじめよりつかさたちときぞくたちはあくあづかれり。」
71 これらのことをくやいなわれわがころも、わがきようはぎき、わがかみひげをむしりとり、かなしうれへてしぬ。
72 かくてイスラエルのかみなるしゆみことばうごかされたるものみな、このふぎのためにわがなげかなしあひだに、わがもとつどひぬ。されどわれなほうれひたされてゆふべいけにへときまでせり。
73 そのときわれだんじきよりちあがり、けたるわがころもきようはぎのままひれふし、しゆにさしべていへり。
74 「ああしゆよ、われはなんぢみかほまへまどふ。
75 われらのつみわれらのかしらうへくははり、われらのあやまちてんにまでたつす。
76 われらはわれらのせんぞたちのときよりこんにちいたるまでおほいなるつみうちにあり。
77 われらとわれらのせんぞたちのつみのために、われらはきやうだいたち、わうたち、さいしたちとともに、わうたちとつるぎとらはれとにわたされ、づべきえじきとなりてこんにちいたれり。
78 されどいまいくばくかのじひしゆよりわれらにしめされたり。これなんぢせいじよひとつのひとつのわれらにのこされんがため、
79 またわれらに、われらかみなるしゆいへなかひかりみいださしめ、われらのつかへまつるときわれらにしよくあたたまはんがためなり。
80 われらなわめうちにありしときわれらしゆわれらをみすたまはず、かへつてペルシヤのしよわうまへめぐみけしめたまひたれば、かれらわれらにしよくあたへ、
81 われらしゆみやあがめ、れたるシオンをおこし、ユダヤとエルサレムにわれらのためにたしかなるすみかあたへたり。
82 ああしゆよ。われいまこれらのものをもちたればまたなにをかいはん。われらはなんぢがかくいひてなんぢしもべなるよげんしやたちのによりてあたたまひしいましめをかしたり。いはく、
83 なんぢらのゆづりとしてけしはそのいはうじんけがしをもてけがされたるにして、かれらはこれにけがれみたしたり。
84 さればいまなんぢなんぢらのむすめたちをかれらむすこたちとまじはらしむな。
またなんぢかれらのむすめたちをなんぢらのむすこたちにめとるな。
85 またなんぢかれらととこしへにやはらぎむとむな。これなんぢつよくなりて、とちきものをくらひ、なんぢらこれをゆづりとしてとこしへになんぢらのこらのこさんがためなりと。
86 さればわれらにおこりしことはみなわれらのしきわざわれらのおほいなるつみのためにわれらにくはへられたるなり。ああしゆよ、なんぢわれらのつみかろくし、
87 われらにかかるあたたまへり。されどわわらはそむきてなんぢおきてをかし、いけうとけがれおのまじへたり。
88 なんぢいかりてわれらをほろぼしたまはず、われらがをもたねをもをものこさざるほどとはなしたまはざりき。
89 ああイスラエルのしゆよ、なんぢまことなり。われらはひとつののこされたり。
90 よ、われいまわれらのふぎをもてなんぢみまへにあり。われらはもはやこれによりてなんぢみまへつことあたはざるなり。」』

91 エズラはかくいのりうちざんげし、みやまへにてしぬ。そのときエルサレムよりをとこをんなこどもおほいなるむれかれもとあつまきたれり。そはおほくのひと〴〵いたくさけびたればなり。
92 そのときイスラエルのらのひとりなるエイロのエコニヤよばはりていへり『エズラよ。われらはしゆなるかみたいしてつみをかし、いけうとことなるをんなめとりたれど、ぜんイスラエルいまたかめられたり。
93, 94 いざわれしゆたいして、なんぢしゆおきてしたがふすべてのひとによしとゆるごとく、いはうじんあひだよりめとりたるわれらのつまこと〴〵くそのこどもらとともいださんとのちかひてん。
95 ちてつとめはたせ。こはなんぢかゝはることなり。われなんぢともちからづよくこれをなさん。』
96 さればエズラちて、ぜんイスラエルのさいしとレビびとをさとに、これらのことをなさんとちかはしめたり。かれらすなはちかへり。