エズラ第一書 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 こゝおいてエズラみやにはよりちてエリヤシブのヨナのへやき、
2 そこにやどりしが、たみおほいなるふぎのためにかなしみて、パンをもくらはず、みずをもまざりき。
3 こゝにユダヤぜんこくおよびエルサレムにおいて、とらはれよりかへきたれるひと〴〵ふこくはつせられたり。なんぢみなエルサレムにあつまるべし、
4 二もしくは三うちにそこにあつまらざるものは、にんめいされたるちやうらうたちによりて、そのかちくみやようのためにぼつしうせられ、とらはれよりかへきたれるひと〴〵々のつどひよりしりぞけらるべしと。

5 三うちに、ユダとベニヤミンのやからのすべてのひと〴〵エルサレムにあつまれり。こは九ぐわつにして、あたかもそのつきはつかなりき。
6 たみみなみやまへひろばともあつまりて、しきてんこうのためにふるをののけり。
7 さればエズラちてかれらにいへり『なんぢらはおきてをかしていはうをんなめとり、これによりてイスラエルのつみくはへたり。
8 さればいまざんげして、われらのせんぞかみなるしゆえいくわうし、
9 そのみこゝろおこなひて、おのをこのいけうとと、いはうをんなよりはなせ。』
10 そのときぜんくわいしゆうさけびておほごゑにいへり『なんぢかたりしごとく、われらこれをなさん。
11 されどぐんじゆうおほいにして、かつてんこうしければ、われそとつことあたはず。のことにつきてのわれらのつみひろがりれば、こは一にちまたは二わざにあらず。
12 さればたみつかさたちをのこらしめ、われらのぢゆうみんうちいはうじんなるつまものをば、さだめたるきたらしめ、
13 かくちつかきさばきびとをもかれらとともきたらしめて、ことしゆみいかりわれらのうちよりらしめよ。』
14 そのときアザエルのヨナタンとトカノのエゼキヤみづかことあたり、モソラモ、レビ、およびサバテオかれらのばいせきしやとなる。
15 とらはれよりかへきたれるひと〴〵みなこれにしたがへり。

16 さいしエズラそうけちやうたるひと〴〵を、みなそのによりてえらびぬ。十ぐわつついたちいたり、かれことけみするためともこもれり。
17 かくていはうじんなるつまてるひと〴〵ことがらしやうぐわつついたちころをはりぬ。
18 ともきたりしさいしたちのうちにていはうをんなつまちたるは、
19 ヨセデクのなるイエスのらとそのきやうだいたちのうちにては、マテラとエレアザル、ヨリボおよびヨハダノなり。
20 かれらそのつまいださんとちかひ、そのとがあがなひをなさんためにをひつじさゝげたり。
21 またエンメルのしそんうちにてはアナニヤとザブデオ、マネ、サメオ、ヒエレエル、およびアザリヤなり。
22 パイスルのしそんうちにてはエリオナ、マシア、イスマエル、ナタナエル、オキデロ、およびサロア。
23 レビびとうちにては、ヨザバデ、セメイ、コリオ、またはカリタ、パテオ、ユダ、およびヨナ。
24 せいかたいものうちにては、エリアシボとバクロ。
25 もんゑいうちにてはサルモとトルバネ。
26 イスラエルのうちの、ポロのしそんうちにては、ヒエルマ、イエデヤ、メルキヤ、マエロ、エレアザル、アシビヤ、およびバシネア。
27 エラのしそんうちにては、マタニヤ、ザカリヤ、エズリエロ、オアブデオ、ヒエレモテ、およびアエデヤ。
28 ザモテのしそんうちにてはエリアダ、エリアシモ、オトニヤ、ヤリモテ、サバト、およびザルデオ。
29 ベバイのしそんうちにては、ヨハンネ、アナニヤ、ヨザバデ、およびエマテイ。
30 マニのしそんうちにては、マムコ、エデオ、ヤスボ、ヤサエロ、およびヒエレモテ。
31 アデのしそんうちにてはナアト、モオシヤ、ラクノ、ナイド、マタニヤ、セステル、バルヌオ、およびマナセア。
32 アンナのしそんうちにては、エリオナ、アセア、メルキヤ、サベオ、およびシモン、コサメオ。
33 アソムのしそんうちにては、マルタンネオ、マタテヤ、サバネオ、エリパラト、マナセおよセメイ。
34 バアニのしそんうちにては、エレミヤ、モンデ、イスマエロ、ユエル、マムダイ、ペデヤ、アノ、カラバシオシ、エナシボ、マムニタネモ、エリアシ、バンノ、エリアリ、ソメイ、セレミヤ、ナタニヤ。エゾラのしそんうちにてはセシ、エズリル、アザエロ、サマト、ザムブリ、ヨセボ。
35 ノオマのしそんうちにてはマジテヤ、ザバデア、エド、ユエル、およびバナイヤ。
36 これらみないはうをんなつまとしたるものにして、かれらはこれをそのらとともいだしたり。
37 さいしとレビびとおよびイスラエルのうちなるひと〴〵は七ぐわつついたちにエルサレムとそのみぬ。かくてイスラエルのらそのすみかたり。

38 ここにすべてのたみひがしめんしたるみやもんまへなるひろばともあつまれり。
39 かれらさいしなるらうどくしエズラにいへり『イスラエルのかみなるしゆによりてあたへられたるモーセのおきてたづさきたれ』と。
40 だいさいしエズラ七ぐわつついたちに、をとこをんなぜんぐんおよびすべてのさいしたちにかしめんがためおきてたづさきたれり。
41 かれみやもんまへなるひろばおいて、あさよりひるいたるまですべてのをとこをんなまへにこれをみしに、ぐんじゆうこと〴〵おきてこゝろめたり。
42 さいしなるりつぱうらうどくしエズラ、つくられたるだんうへちぬ。
43 かれかたはらには、みぎかたにマタテヤ、サムモ、アナニヤ、アザリヤ、ウリヤ、エゼキヤ、およびバアルサモ、
44 ひだりかたにパルデオ、ミサエル、メルキヤ、ロタスボ、ナバリヤ、およびザカリヤてり。
45 そのときエズラぐんじゆうまへおきてふみをとりてぐんじゆうまへで、そのしやうめんうや〳〵しくせり。
46 かれおきてひらきしときかれらみなただちにちあがれり。かくてエズラぜんのうなるばんぐんかみいとたかかみなるしゆしゆくしたり。
47 すべてのたみこれにこたへて『アァメン』といひ、そのげてちじやうし、しゆをがみぬ。
48 またイエス、アンノ、サラビヤ、イアデノ、ヤクボ、サバテオ、アウテア、マイアンナ、カリタ、アザリヤ、ヨザブデ、アナニヤ、パリヤ、およびレビびとらしゆおきてをしへ、しゆおきてひと〴〵かせ、これをかれらさとらしめたり。
49 そのときアタラテだいさいしなるらうどくしエズラと、ぐんじゆうをしへしレビびとおよびすべてのひとにいへり
50 『しゆせいじつなり。(かれおきてきしときみなきたりき。)
51 さればきて、あぶらくらひ、あまきものをめ。たぬひとにはそのわけまへおくれ。
52 けふしゆせいじつなればなり。またかなしむな。しゆなんぢらにくわうえいあたたまはん。』
53 さればレビびとすべてのことたみげていへり『せいじつなり、かなしむな』と。
54 そのときかれらおのみちき、おの〳〵くらひてたのしみ、たぬものにわけまへあたへて、おほいなるよろこびをなせり。
55 そはかれらあつまりてをしへられしみことばさとりたればなり。