イェルサリム大主教聖キリール教訓/第七講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > イェルサリム大主教聖キリール教訓

正教のおもなる定理[編集]

<< 死より復活の事。 >>

ふっかつのぞみはもろもろのぜんこうこんぽんなり、なんとなればむくいをけんとののぞみはぜんなるこういたいするこころかたむればなり。すべてのこういしゃろうためしょうあるをあらかじるときは、ろうにんたいせん、しかれどもほうしゅうなくしてろうするものは、からだともたましいちからおととさん。おんしょうするところへいしでてたたかはん、しかれどもろうためしょうむくいざるむしりょなるおうためたたかものにはおうためせんとのけっしんおここらざるべし。かくのごともろもろれいこんふっかつしんじてとうぜんおのれまもらん、しかれどもふっかつしんぜざるれいこんおのれりんぼうせん。しんたいふっかつつのしんじゃぞうしょくまもりて、ほうとうためにこれをけがすことあらざらん、されどもふっかつしんぜざるものほうとうゆだねて、そのたいあしもちふることたにんものごとくせんとす。ゆえししゃふっかつおけるのしんこうせいこうきょうかいおおいなるしくんなり、きょうどうなり、おおいにしてかつはなはきんようなり、これおおくのひとあらそうところなりといへども、しんりはこれをほしょうするなり。

エルリニ人[1]またサマリヤ人もともわれらにごとくいはんとす、いはく『せしひとはゆがみかつふはいし、まったくしてうじとなりて、うじまたす。かくのごとくされほろびとはひとからだおよべり、さらばいかんしてそのからだふっこうせんや。かいちゅうはせんにあひしものうおみて、うおまたみづかくらはるるなり。もうじゅうたたかひしものを、くまししとはそのほねくだかつこれをつくせり。ちじょうなげてられたるししゃからだは、からすとびとこれをくらふて、ぜんせかいひさんす。さらばいづこよりからだひろあつめんや。からだくらひしとりあるいはインデヤに、あるいはペルシヤに、あるいはゴトフィヤにせん。そのかれて、そのはいあめまたかぜためふきらさるるあらん、さらばいかんしてからだひろあつめんや』といへり。

じつさいしょうにしてかつむりょくひとたるなんじためにインデヤはゴトフィヤよりとおかるべく、イスパニヤはペルシヤよりとおからん、しかれども『たなごころをもてぜんちたもつ』〔イサイヤ四十の十二〕かみためにはすべてちかし。ゆえおのれよわきにより、かみひてむりょくとするなかれ、さらにそのぜんのうちゅういすべし。かつたいようかみしょうじたるも、こうせんいっしゃにて、ぜんせかいあたため、またかみつくられたるくうきかいにあるものをことごとみづかほうようするなり、さらばたいようくうきとのぞうせいしゃたるかみあにせかいよりとおへだたるべけんや。かじついろいろたねこんこうして〔じゃくしんなるなんじためよわれいをあらはす〕いろいろたねなんじしょうちゅうにありとかていせよ、なんじしょうちゅうにあるものをみわけて、かじつたねおのおのそのせいしつしたがべつしておのおのそのるいしたがはしめんことは、ひとよ、なんじかたきか、はたやすきか、さらばなんじなんじしょうちゅうにあるところのものをみわくることをくせんに。かみはそのしゅちゅうにぎところのものをべつして、これをふっこうせしむることあにあたはざらんや。ところのものをあきらかにせよ、これこばむはむほうにあらずや。

てんじてほうちゅうもくしてみづかおのれかえりみるべし。なんじしゅじゅじゅうしゃゆうせんに、一はく、一はしからば、なんじはそのものおもんじて、しきものたん。またなんじさいばんしゃたらばただしきものしょうして、むほうなるものばっせん。さらばなんじすべきのひとにさへせいぎまもらるるあらば、いわんれんめんとしてえざる、あらゆるものおうたるかみおいなるほうしゅうなかるべけんや。これこばむはむほうなり。けだしなんじぐるところのものをさしせよ、さつじんしゃにしてばつまぬかれ、とこのうえするものおおし、さらばかみいずこにありや。たとへば五十回人をころしたるきょうはんあらんに、これためだんとうせらるるはつねにただ一回のみならん、さらば四十九かいさつじんざいめにかれいずこばっせられしや。それしんぱんほうしゅうとはにあるなくんばなんじかみひてこうへいとなさん。さりながらしんぱんせんえんするをあやしむなかれ。すべてくぎょうするものは、くぎょうへしのちに、あるいめられ、あるいはづかしめらるるなり、くぎょうりっていしゃなおくぎょうしつつあるものを決してほうしょうせず、すべてのくぎょうぎょうはるをつは、のちこれして、おんしょうえいかんとをさだめんがためなり。かみかくごとし、おいてのくぎょうなおつづけらるるにより、そのあいだぎじんらにいちぶんたすけあたふ、しかれどもかれらにまったしょうあたふるはこうらいにありうんぬん

られたるふたたはなく、しかるにられたるひとはなかざらんや。きてられたるものはものおきおさめらる、しかるにこのよおいられたるひとものおきおさめられざらんや。まったはなしてうつしうえられたるぶどうじゅ又はそのえだは、よみがえりてむすぶ、人のためつくられたるばんぶつにしてすでしからば、いわんひとたふれてまたたざらんや。いまかつらざりしぞうあらたつくると、うちこわしたるものをもとかたりてふたたちゅうぞうすると、ろうかくして、いづれかおもきや。されどわれらをらざるよりつくりしかみは、すでものうちこわされたるときふたたこんりゅうするあたはざるか。なんじふっかつにつきてしるされしものをしんぜざることいほうじんごとくなるか。されどてんねんぶつせいにつきてこのことけみし、こんにちまのあたりところものりてはんていせよ。むぎあるいたねかるるとき、そのつぶちてし、ふはいしてもはやしょくようへざるものとならん。しかれどもふはいしたるものせいせいとしてまたき、しょうにしてちたるものなるものとなりてまたきん。されどもむぎわれらのためつくられたり、けだしむぎたねわれらのしようためしょうじてじこためにはあらざればなり。

なんじらのごとく、いまとうきなり、きぎちてこしせるもののごとし。けだしいちじくはいづくにありや。ぶどうじゅふさはいづくにありや。しかれどもふゆれたるものはるいたりてりょくしょくをあらはし、しぶつどうようなりしものはとききたればせいばんかいせらるるなり。かみなんじふしんり、ゆるものにおいねんねんふっかつをとげしむるは、なんじむじょうなるものゆうじょうれいちなるものじったいかくしんするをんがためなり。かつはえみつばちとはすいちゅうちっそくし、ときぎてそせいすることしばしばこれあり。またねずみいっしゅあり、ふゆうごかずしてあるも、なついたりてあらたまたく。けだしなんじけんかいひくきにより、なんじためにかくのごといんれいをもす。そもむちにしていやしんぜらるるどうぶつにさへちょうしぜんてきせいめいあたふるものあにこれわれらにあたへざらんや、けだしどうぶつわれらのためつくられたるなり。

しかれどもことちゅうもくすべきはパウェルがさししめすところのげんなり、いはく『このつるものはかならちざるものをぬるものかならなざるものをるべし』と〔コリンフ前十五の五十三〕。けだしたいよみがえる。さりながらかくのごとよわくしてそんするにあらず、かれはそのままにふっかつし、ちざるものをへんかすることてつひさしくかちゅうにありてみづからとなるがごとくなるべし、あるいくわしくこれをいはばふっかつせしむるしゅこれをしろしめすごとくなるべし。ゆえたいよみがえる、しかれどもかくのごときものにてそんするにはあらずして、えいえんなるものとなるなり。かれせいたもたんがためにかくのごとしょくもつにも、またじょうしょうせんがためはしごにもはしごあらざるべし、なんとなればかれれいぞくするものとなるべく、われらがとうぜんあらわすこともあたはざらんほどのものとなればなり。ふあり『そのときぎじんらはごとかがやかん』〔マトフェイ十三の四十三〕、『そらこうきごとくにかがやかん』〔ダニイル十二の三〕。そもかみにんげんふしんあらかじめて、いとちいさきむしにさへ、なついたりて、そのたいのひかりかがやくをしむるは、ゆるものによりてつところのものをしんぜしめんがためめなり。けだしいちぶあたふるものはぜんぶをもあたふべければなり。むしひかかがやくをしむるものいわんなるひとひかものとなさざらんや。

ゆえわれらはふっかつすべく、われらのたいみなえいえんのものとならん、しかれどもみなみないちようにはあらざるべし。かえりてもしたれぎじんならば、てんぞくするたいをうけん、とうぜんしんしきんせつするをんがためなり。しかれどももしたれざいにんならばつみためえいえんばつをうくるにさだめられたるえいえんたいをうくるにより、えいえんかるるなりされどもかれけつしてめつじんせざらん。そもかみかれこれたいをこれにあたふることとうぜんなり。なんとなればわれらはたいなくしていちじすあたはざればなり。われらはくちにてさんびし、くちにてきとうす、にてかすめ、おなじくまたにてほどこしすべくして、そのもすべてどうようなるべし。ゆえたいはすべてにおいわれらにつとむるにより、みらいおいてもかれわれらとかんけいともにせん。

ゆえしんたいまもらん、これあくようすること、われらのためかんけいなきたにんものごとくせざらん。かえつてしんたいまもることじこしょゆうぶつごとくせん、なんとなればすべて『ところことしたがひ』〔コリンフ後五の十〕しゅけいさんをなさんをようすればなり。『たれわれざらん』といふなかれ、ところことしょうしゃあらじとおもふなかれ。ときひとらざることもしばしばこれあらん、しかりといへどもあやまりなきしょうしゃすなはちしゅは『てんいましてただしく』〔聖詠八十八の三十八〕ところのものをん。しかれどもつみなるおかいたいのこらん。たいふかきずひしのちは、たとへしたりとも、なおあとのこすがごとく、つみれいたいとをきずつけて、そのきずあとかれこれのこらん、ただみづよくばんをうくるものおいてはしょうしつせん。かくのごとさきにうけたるれいたいとのきずを、かみせんれいによりいやして、しょうらいをすべてことごとよぼうせん、われたいなるながしたぎきよまもて、しょうなるもの、いんとうなるもの、じょうよくなるもの、あるいのいかなるつみおこないもつてもてんじょうすくいほろぼさず、かみえいえんくにがんがためなり、このくにかみおんちょうによりてわれしゅうじんめぐたまはん。

脚注 [編集]

  1. 投稿者注:ギリシャ人のこと。