Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/64

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


りました。

御惠みに感激して

御惠みに感激して

東山天皇の御代には、日でりが續いて、賀茂川の水もとぼしくなり、あたりの百姓は、農作に困つたことがあります。天皇は、これを聞し召し、わざわざ御所の引水をおとめになつて、少しでも田がうるほふやうに、おはからひになりました。百姓たちは、御惠みに感激して、每朝仕事を始めるに先だち、はるかに皇居を伏し拜んだといふことであります。