Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/78

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


かうあらせられ、まもなく、御位を〈第百代〉ごこまつ天皇におゆづりになりました。紀元二千五十二年、げんちゆう九年のことであります。

金閣
金閣

義滿は、朝廷にお仕へして、せいいたいしやうぐんに任じられ、京都のむろまちばくふを開きました。かうして世の中は、ひとまづしづまることになりました。やがて、義滿はだじやうだいじんに進み、子のよしもちが征夷大將軍に任じられました。義滿は、だんだんとくいになり、そのそのわがままを始めました。太政大臣をしりぞいてのちも、なほせいむをさばき、京都のきたやまに、りつぱなべつさうつくつて、ここに移りました。ことに、その庭に面して建てた三そうろうかくは、ずゐぶんこつた建物で、上層をきんぱくでかざりました。人々は、やがて、これを金閣と呼ぶやうになりました。

義滿は、幕府の役目や地方の役人を整へましたが、おもな役目は一族でめ、地方の役人には、勢のさかんな武將をあてました。かうした組立てでは、もとじめの幕府が、よほどしつかりしてゐないかぎり、地方は、ばらばらになりがちです。これまでも、足利氏は、もつぱら部下のきげんを取つて、自分の勢をたもつて來ました。從つて、武將の中には、おひおひ、わがままものが多くなり、地方の政治は、しだ