Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/76

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


期をとげました。その時、正行はまだ二十三歳でありました。

血刀を洗ふ
血刀を洗ふ
     菊池      ┌武重
藤原隆家‥‥武房─□─武時┼武敏
             └武光

數年ののち、親房が六十三歳でなくなると、きんき方面の官軍はおひおひ振るはなくなつてしまひました。ただ九州では、菊池武敏の弟たけみつが、懷良親王を奉じて、賊將せうによりひさちくごがはの戰で擊ち破り、さらにちくぜんへ進んで、敵の根城だざいふを攻め取り、かがやかしいてがらを立てました。筑後川の戰は、ことにはげしい戰で、武光のふんとうは、實にめざましいかぎりでした。かぶとはさける、馬は傷つく。敵をつて、そのかぶとをうばひ、馬をうばひ、血刀を振るつて、當るをさいはひなぎ倒すといつた働きでした。武光は、一氣に京都へのぼらうとしましたが、志をはたさないで、陣中で病死しました。

新田氏もまた、義貞の子よしおきが、宗良親王を奉じて、東國でくわつやくしました。親王が

  君のため世のためなにかをしからん
      すててかひある命なりせば

とおはげましになると、善興らは、勇氣を振るつて戰ひました。しかしその善興も、武運つたなく、敵のはかりごとにかかつて、むさし