Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/75

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


隱岐・吉野と、筆にもことばにもつくせない御苦難を、お重ねになりながら、まだ朝敵のはびこる世に、惜しくもおかくれになりました。おしのび申すことさへ、おそれ多いきはみであります。

賊將にせまる

賊將にせまる

義良親王が御位におつきになり、〈第九十七代〉ごむらかみ天皇と申しあげます。この時親房は、常陸のをだ城にたてこもつて、敵と戰つてゐました。吉野のことも氣がかりですが、東國を離れるわけには行きません。攻め寄せる賊軍のときの聲を聞くにつけても、大義をわきまへないものの多いことが、なげかはしくなりました。親房は、戰のひまひまに、たましひをこめて、國史の本を書き綴りました。これが名高いじんのうしやうとうきであります。やがて親房は、吉野へ歸つて、後村上天皇をおたすけ申しあげました。このころ正行は、ふぼの教へをよく守り、りつぱな武士になつてゐました。たびたび賊軍を破つて、官軍の勢をもりかへしました。攝津うりふのの戰では、川におぼれる敵兵をいたはつてやるなど、正行の戰ひぶりは、實に堂々としてゐました。じりじりと敵を押し退けて、今にも京都へせまらうとする勢さへしめしました。惜しいことには、しでうなはての合戰で、敵の大軍をけちらしながら、わづかなところで、賊將かうのもろなほを討ちもらし、身に數知れぬ深手を負ひ、弟まさときと刺しちがへて、父そのままの最