Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/66

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


た時もまた、幕府の耳に、はいつてしまひました。高時は、かうしたくはだてが天皇のおぼし召しによることを知つて、無道にも、つひに兵を皇居へさし向けました。

天皇は、神器を奉じて、ひとまづかさぎやまへお出ましになり、諸國の武士に「賊軍を討て」との命令をおくだしになりました。お召しによつて、眞先に兵をげたのは、かはちくすのきまさしげびんごさくらやまじしゆんであります。正成は、時をうつさずあんざいしよへ參り、つつしんで申しあげました。

「たとひ賊がどんなに強くても、はかりごとをめぐらせば、擊ち破れないはずはございません。みかたの旗色がよくない時でも、正成がまだ生き殘つてゐると、お聞きおよびでございましたら、どうぞ安心くださいますやうに。」

勤皇のさきがけ
勤皇のさきがけ

少しでも心をおやすめ申しあげたいと思ふと、正成のことばには、おのづから力がこもりました。

やがて正成は、きくすゐの旗をきづの川風になびかせながら歸りました。笠置を守る人々は、そのうしろ姿をたのもしさうに見送りました。