Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/62

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


老尼の意氣
老尼の意氣

特に、文永の苦戰にかんがみ、敵の上陸を防ぐために、博多灣一たいにせきるゐを築きました。國民いつぱんに節約を命じて、ぐんぴをたくはへさせたり、あらたに西國武士の總大將を置いたりしました。さらに軍船を整へ、進んで敵地に攻めこむけいくわくさへ立てました。これを聞く國民の血は、一せいにわきたちました。ひごゐぜうひでしげといふ老人や、しんあといふらうにまでが、身の不自由をかへりみず、たよりにする子や孫を、國のためにささげようといふ意氣にもえたちました。

その間に、元は宋をほろぼし、その海軍を合はせて、いつそう強大になりました。さうして、蒙古・高麗・宋の諸將を會し、作戰をねりにねつて、今度こそはと、いきり立ちました。折から支那にゐたわが商人が、急を知つて、すぐに知らせて來ましたので、朝廷では、敵國のかうふくを全國の神社や寺々にお祈らせになり、幕府は、九州の警備をいよいよきびしくしました。國民の心は、いやが上にもひきしまり、武士たちは、てぐすね引いて、待ちかまへてゐました。

紀元一千九百四十一年、こうあん四年五月に、まづ兵四萬・艦船九百隻のとうろぐんが、朝鮮から博多へとせまりました。かうのみちありきくちたけふさたけざきすゑながらの勇將は、石壘によつて、一步も敵を上陸させません。