Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/61

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ことごとくそうれつな戰死をとげました。そこで敵は、いきからはかた灣へせまり、つひに上陸をあへてしました。つくしの武士は、力のかぎり戰ひまいしたが、敵のすぐれた兵器、變つた戰法になやまされて、なかなかのくせんです。しかし、日本武士のたましひが、果して、かれらの進擊をゆるすでせうか。身を捨て命を捨てて、防ぎ戰ふわが軍のために、敵はじりじりと押し返されて行きます。このふんせんが神に通じ、博多の海に、波風が立ち始めました。敵は海上の船を心配したのか、それとも、わが軍の夜討ちを恐れたのか、ひとまづ船へ引きあげて行きました。夜にはいつて、風はますますはげしく、敵船は、次から次へと、くつがへりました。中には、逃げようとして、あさせに乘りあげた船もあります。敵は、殘つた船をやつと取りまとめ、命からがら逃げて行きました。これを、世に文永の役といひます。

元寇

元寇

これにもこりず、元は、あくる年、またも使ひをわが國へよこしました。すると時宗は、一刀のもとにこれを斬り捨てて、鎌倉武士の意氣を示すとともに、一面かうした使ひの往來のために、わが國のやうすが敵にもれることを防ぎました。もちろん、元は國のめんもくにかけても、再征をくはだてるつもりで、すでに、いやがる高麗に命じて、船をつくらせてゐましたし、時宗もまた、それを見ぬいて、ひたすら防備を固めました。