Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/52

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


まさが、大人もおよばないてがらを立てたのは、この時のことです。亂が平ぐと、義家は、わざわざ自分のざいさんを分け與へて、部下をいたはりました。東國の武士は、その恩に感じて、源氏のためなら、身を捨ててもかまはないと、思ふやうになりました。

金色堂

金色堂

みだれにみだれた奧羽も、これですつかりしづまつて、この役で義家を助けた藤原きよひらが、治めることになりました。清衡は、都の風をうつしてひらいづみをいとなみ、ここを奧羽の中心としました。今に殘るちゆうそんじこんじきだうは、〈第七十五代〉すとく天皇の御代に、清衡が建てたものです。

平家の勢が盛んになり始めたのは、崇德天皇の御代に、ただもりせとないかいの海賊を平げたころからです。その後、二十年ばかりの間に、平家はさいごくを根城にして、めきめきと勢をのばし、源氏と竝んで朝廷に用ひられるやうになりました。もうこのころ、藤原氏は昔の威勢を失つて、やつとその地位をたもつてゐるだけです。しぜん、勢をた源氏と平家とが、京都でにらみ合ふことになりました。

桓武天皇─かつらはら親王─たかみ王─平たかもち……忠盛┬清盛┬重盛─維盛
                     │  └宗盛
                     └つねもり─敦盛

やがて〈第七十七代〉ごしらかは天皇の御代に、はうげんの亂が起ると、源氏は、武運つたなくためよしためともを失つて、忠盛のきよもりのひきゐる平家が、源氏をしのぐ勢となりました。さらに〈第七十八代〉にでう天皇の御代に起つた