Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/51

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


いと見えた時「清和天皇六代のこうえいむつのかみ源賴義のちやくなんはちまんたらう義家」と、名乘りも勇ましく、むらがる敵を射倒して、けつろんを開いたこともあります。また、敵將さだたふを追ひつめながら、歌のやりとりに、あつぱれなおちつきぶりをしめし、敵をあはれんで、いつたんこれを逃がしてやつたといふ、ゆかしい話もあります。

白河天皇の御代に、またまたあううがみだれた時(三年の役)、陸奧守であつた義家は、源氏の總大將として、堂々とさいせいこまを進めました。あるひは、がうおくの座を作つて、將士の勇氣をふるひたたせ、また寒さにこごえた部下を、身を以てあたため、あるひは、雁の列のみだれを見て、ふくへいがゐることをさつしるなど、よく名將のほまれをかがやかしました。「勇將のもとにじやくそつなし」といひますが、十六歳のかまくらのごんごらうかげ